« ジェネラル・ルージュの凱旋 | Main | リーグ戦,対新潟戦 3-3 »

2009.04.13

リーグ戦,対柏戦 4-1

J1で勝つのって大変なんだなあと実感。4-1なのに全然楽勝な気がしない。終盤なんて完全に押し込まれて防戦一方で,4得点目がなかったら冷や冷やものだったし。前半の中盤以降のサッカーが継続してできれば,何の文句もないのだが。やはり走るサッカーは後半終盤になると厳しい。今から夏場が心配になる。

この試合で大きかったのは先制点と4得点目。セットプレーで得点できたのは大きかったし,苦しい時間帯で相手のミスを見逃さず寿人が見事に叩き込んで試合を決定付けたのは大きかった。そういう意味では,2得点目も3得点目もウチらしい崩してからの得点だったので,この日の4得点はどれも素晴らしかった。

が,相変わらず『3点獲らないと勝てないサッカー』であることには変わりなく,この辺の修正が今後の課題か。守備的な交代をして逆に押し込まれてしまうなんて,もう少し上手い逃げ切り方ができないものか。J2の時にはできていたではないか。まあ,これがJ1との差なのだろう。とにかく攻守の切り替えがJ2に比べて半端なく速い。一瞬の判断ミスが失点に繋がる。とにかく失点を減らすこと。今とは違う勝ち切る交代パターンを確立することが必要。

アオはなんで交代だったんだろう。軸の選手が90分持たなくて,交代選手のクオリティが落ちるというのは問題だろう。というか,カズと中島はタイプが似すぎていて,コンビとしてはどうかと思う。洋次郎をボランチとして使う手はないのか。ないしは岡本を育てながら使うという手はないのか。ここは本当にミシャ次第なんだけど。

一誠が相変わらずいい。消えている時間がほとんどなくなった。勝負するようになった。これで去年の洋次郎のように得点を量産してくれるようなら助かるのだが。陽介も序盤は今イチだったが,次第に良くなっていった。とにかく陽介に必要なのは『ゴール』という結果。得点ができるシャドーになって,代表を狙ってほしい。運動量と動きの質には文句はないのだから。

あと例のカズが最終ラインに入る変則4バック。これもバージョンアップの頃合いが来ていると思う。やはりカズのミドルパスで攻撃の形を作れるようになりたい。確かにストヤノフのオーバーラップは効果的だが,本当はあの位置からのミドルパスが怖いのはカズなのだから。カズが前で勝負して,ラストパスやミドルシュートを撃つ機会をもっと観たい。

ようやく2勝目。道は長い。ちょっとでも気を抜くとすぐダークサイドに引き込まれる。次は『超アウェイ』の新潟戦。苦手3トップを攻略して,なんとか勝ち点3を手にして帰ってきてほしいものだ。

|

« ジェネラル・ルージュの凱旋 | Main | リーグ戦,対新潟戦 3-3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/44662690

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対柏戦 4-1:

« ジェネラル・ルージュの凱旋 | Main | リーグ戦,対新潟戦 3-3 »