« GOEMON | Main | 重力ピエロ »

2009.05.27

グラン・トリノ

広島バルト11。クリント・イーストウッド監督・主演。

78歳のイーストウッドが偏屈な頑固爺を名演で魅せる。人としての『生き様』を考えさせられる傑作。

合わせて,『古き良きアメリカ』とは何だったのか。そして『新しいアメリカ』はどこにいくのかを考えさせられる衝撃のラストシーン。上手い,と唸らされる。

贅肉など微塵もないシンプルで骨太な作りが王道を感じさせる。イーストウッド作品に外れ無し。若い世代にこそ観てもらって,いろんなことを感じてほしい作品だ。

ちなみにイーストウッドは今作を俳優としての引退作とするそうだ。そういう意味でも必見の作品である。

|

« GOEMON | Main | 重力ピエロ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/45147565

Listed below are links to weblogs that reference グラン・トリノ:

» 俳優 [俳優]
俳優についてのブログです。俳優を目指すための方法や、俳優への意思の持ち方などを紹介しています。 [Read More]

Tracked on 2009.05.27 at 09:48 PM

« GOEMON | Main | 重力ピエロ »