« リーグ戦,対山形戦 3-1 | Main | ナビスコ杯,対横浜FM戦 1-3 »

2009.05.18

おっぱいバレー

広島バルト11。羽住英一郎監督。綾瀬はるか主演。

まず入場券買う時に困った。この歳のおっさんがカウンターの若い女性に『おっぱいバレー,一般一枚』っていうこっぱずかしさ。このタイトル,確信犯だよなあ。

時代設定は1979年。四十代半ばの人(特に男性)が観ると真にツボの作品である。こういう少年時代はあの時代に確かにあった。若い女性教師のおっぱいを見るためだけにバレーに打ち込む。このバカさが若さ溢れるパワーであり,かえって潔い。単なる感動モノに終わらず,最後までバカに徹しているのにも好感だ。

ただオチがもうちょっと毒があった方が面白かったかな。きれいに纏め過ぎた感じ。

固いこと言わずに気楽に観る作品。あの時代へタイムスリップしたい方はどうぞ。おじさんよ,あの少年時代の不屈の精神を忘れるな(笑)。

|

« リーグ戦,対山形戦 3-1 | Main | ナビスコ杯,対横浜FM戦 1-3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/45055527

Listed below are links to weblogs that reference おっぱいバレー:

« リーグ戦,対山形戦 3-1 | Main | ナビスコ杯,対横浜FM戦 1-3 »