« レッドクリフPARTⅡ 未来への最終決戦 | Main | リーグ戦,対山形戦 3-1 »

2009.05.15

スラムドッグ$ミリオネア

シネツイン新天地。ダニー・ボイル監督。デーヴ・パテル主演。

アカデミー賞最多8部門受賞作品。

どんだけ凄い作品かと思ったが,鑑賞後の感想は傑作と言うには及ばずそこそこの『佳作』だった。主人公ジャマールの人生とクイズの問題がシンクロしているところは面白いが,それだけで広がりや意外性がない。それだけスラムの悲惨さ・残酷さが淡々と描かれていると言えばよいのだろうか。でも,どう考えても『傑作』とは言い難い。


(以下,ネタバレ)


冒頭の観客へのクイズ,『彼はなぜミリオネアになれたか』の答えは,『運命だった』だったけど,最後の問題が正解だったのは明らかに『運』だったし,あそこでもうひと捻り欲しかった気がした。最後の『テレホン』のライフラインを使ったから,兄は死んでしまったのだし,どうもすっきりしない。まあ,そのおかげでずっと想い続けた彼女に会えるのだけれど。

おまけ。
エンディングで『全員で踊り出す』のはインド映画っぽくて少し笑えた。

|

« レッドクリフPARTⅡ 未来への最終決戦 | Main | リーグ戦,対山形戦 3-1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/45023029

Listed below are links to weblogs that reference スラムドッグ$ミリオネア:

« レッドクリフPARTⅡ 未来への最終決戦 | Main | リーグ戦,対山形戦 3-1 »