« May 2009 | Main | July 2009 »

2009.06.29

リーグ戦,対京都戦 0-2

2年前のリベンジを誓い,京都へ遠征。しかし,リベンジどころか返り討に…完敗だった。

前半早々の柳沢のループシュートがポストに当たった時は,『こちらに運がある』と思った。が,逆にイリアンのFKもポストに当たって外れる等,数度の決定機をモノにできず,こちらのペースに引き込めないまま,京都の染谷のミドルシュートがDFに当たり,なんとゴールに。『運に見放された』か。この直後,陽介が怪我で交代に。この交代が後半ジャブのように効いてくる。そして,後半開始早々に盛田も怪我で交代。結局,この交代が勝負を分けた。

一誠は悪くはなかったが,ゴールに流し込む精度に欠けていた。横竹も頑張ったが,彼の実力ではあそこはディエゴをファールで止めるしかなかった。ディエゴが放った芸術的なFKはエアポケットのようにフリーになった水本の頭にドンピシャ。決定的な2失点目を献上してしまう。

これで完全に守りに入った京都を一方的に攻め立てるも,ゴール前に立ちはだかる赤紫の壁を突き崩すことができず。寿人,洋次郎の惜しいシュートもあったが枠を捉えず。

この試合は陽介が交代してからは,パスの出所がイリアン一本になってしまった。アオがもっと頑張ってパスを散らさなければいけなかったが,アオは守備でいっぱいいっぱいだった。中島は驚異的な運動量で攻撃を支えたが,決定的なパスを出せる選手ではなかった。サイドのスペースを消され,自由にやらせてもらえなかった。洋次郎と一誠がもっともっと走らなければいけなかった。

京都では渡邊が運動量豊富で足も速くいい選手だと思った。勇人のポジショニングやパスの散らしは流石だったし,柳沢も玄人好みの上手さを魅せた。彼らをホームで打ち負かすにはウチはもっと走らなければいけなかった。怪我人が連続して出るなど運もなかった。

『絶対に勝ちたい』大切な試合でこのチームは勝てない。上を狙うにはこういう試合をモノにしていかなければいけないし,せめて引き分けて勝ち点1でも積み上げておかなければいけなかった。

また怪我人が出てしまったが,試合はやってくる。またしてもリベンジマッチ。磐田にはホームできっちり勝ってほしいが,こちらのDFもボロボロで撃ち合いになりそうな予感。

とにかく次は勝って,その次,上を行く浦和に『超アウェイ』で挑みたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.25

ターミネーター4

スカラ座。マックG監督。クリスチャン・ベイル主演。

シリーズ第4弾。『ターミネーター』の怖さよりも,ドンパチが主軸のただのアクションものになってしまったのが残念。プロットもいくらでも捻りようがあったろうに残念な出来になっている。これで製作費190億円!すげえ。CGだけど,シュワちゃん出てくるのね。それでもあの展開…工夫がない。残念。『2』は傑作。『3』よりはマシって感じかな。シリーズに思い入れの強くない人なら観れるアクションもの。でも『5』もあるらしいが本当?…。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

.ザ・スピリット

広島バルト11。

『おと・な・り』上映までの時間潰しで観た。が,全く面白くなかった。監督や主演を調べるのも面倒だ。退屈な場面・間が多すぎた。正直退屈だった。これでこの後観た『おと・な・り』が良くなかったら最悪だったが,『おと・な・り』は佳作だったので救われた。こんなに本数観ていない年なのに,こんな地雷を踏むとは…ショックだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.22

リーグ戦,対神戸戦 4-3

久しぶりの生観戦。2-0となったところで今日は楽勝かと思ったら,後半早々の2失点で神戸も盛り返し,試合の行方は全く分からない展開に。そこへ盛田がコケて,茂木がフリーでゴールを決め,逆転される。正直,このままやられると思った。

が,ここで神戸が引いてくれた。これには助かった。おまけにミシャは一誠・平繁を入れて,なんと2バックにして攻めた。一昨年の入替戦2nd.legではあれだけバクスタから叫んでも2バックにしなかったミシャが。これには驚いた。寿人と平繁以外は流動的に動いてチャンスメイク。迫力あったなあ。イリアンのロングフィードを寿人が技ありの落としを魅せたところを走り込んだ陽介が蹴り込み,同点。ビッグアーチ激震。痺れたなあ。その後も攻める。そして,洋次郎が思いきってシュートしたボールをゴール前で寿人がまたしても技ありのヒールキック。ゴールへ吸い込まれて逆転。ビッグアーチ爆発。まさか逆転するとは。正直感動した。

3失点したのは課題だが,この試合に勝てたことは大きい。2年前の降格へのプロローグとなった試合でリベンジを果たせた。上位争いにも食らいつくことができ,高いモチベーションも保てる。

これからリベンジの闘いが続く。まず我々をJ2に落とした京都。そして,ナビスコ予選敗退とさせられた磐田。そして,天敵浦和。

ただただ,リベンジを果たしていくのみ。この勢いでいくぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.19

おと・な・り

広島バルト11。熊澤尚人監督。岡田准一,麻生久美子主演。

とても鑑賞感の良い作品だった。久しぶりの佳作に当たった感じ。

隣の部屋の音がまる聞こえの壁の薄いボロアパートに住む隣同士の30歳の男女のラブストーリー。

ラブストーリーと言っても,この二人はなかなか出会えない。長年慣れ親しんだお互いの生活音に心地よさを感じながらも,顔を合わすことはない。観ている方にとっては『じれったい』展開が続く。男女それぞれに独自のプロットが並行的に進む。それぞれのエピソードも30代男女なら,なるほど,と唸らされるもので,脚本も良く考えられて作られている。

更に主演の岡田准一,麻生久美子共,なかなかの好演で,とても親近感のわく魅力的なキャラを演じている。女性は『岡田君,かっこいいわ』とメロメロになるだろうし,男性は『麻生久美子,いいわあ』とホレてしまう。そういう意味でもこの作品は成功しているのだ。

男女それぞれの側の脇役のキャラも立っていて面白い。

それでいて,なかなか出会えない二人にやきもきしながら,観客はどんどん物語に惹き込まれていく。この作品の『音』を主役にした不思議な感覚にも。

さて,数々のすれ違いを乗り越えて,二人は出会えるのでしょうか。結末は劇場で観て下さい。最高に幸せな気持ちになれること,間違いなし。そして,なんと言ってもエンドロールが秀逸。最後まで席を立たれぬようご注意を。カップルで観るには最上級のデートムービーでもありますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

W杯最終予選 日本対オーストラリア戦 1-2

W杯のリベンジならず。セットプレーからの悔しい2失点で逆転負け。本当,あれだけだったもんなあ。あのサッカーに負けることが悔しい。阿部がなあ,マーク外すから。

ボランチのところが勝負の分かれ目だったな。今野・橋本コンビでは展開力がないし,ボールも落ち着かない。

本番も玉田のワントップで行くんだろうか。なら伸びシロは少ないな。

ボールがないところの連動性が乏しい。ボールを追い越す動きとか,もっとほしい。松井も今のままじゃ使えないな。得点力さえ上がれば,マジで陽介にもチャンスがあるかも。

でも,オーストラリアに勝てないようじゃあ,『ベスト4』は無理でしょ。あと1年でどれだけ強豪とガチで試合ができるか。ドイツの時のような悔しい思いはしたくない。ベストなメンバーを模索して,世界に誇れるような日本のサッカーを確立してほしいと願う。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2009.06.13

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

サロンシネマ1。トラン・アン・ユン監督。ジョシュ・ハートネット,イ・ビョンホン,木村拓哉出演。

キムタクが『現代のキリスト』を演じる物語。はい,日本人向け説明,おしまい,って感じの作品。日本のトップアイドルを遣いながら,大衆性の欠片もないマイナーな作品。観ていてとにかく『痛い』。痛みだけが鑑賞感として残り,カタルシスなど微塵も感じない作品。恐ろしく鑑賞感の悪い作品。

ただ映像には凝っていた。タイトルとなる『キリスト復活』のシーンのおぞましさ等は『狙って画を撮っているな』と感じさせる。そのスタイリッシュさだけは認めよう。

キムタクは普通の演技は観れたのだが,英語の台詞回しが絶望的に下手で,ラスト近くの重要な場面が白けてしまったのは残念だった。

実は僕はこの監督が俊英と呼ばれるに至った過去の作品を観たことがない。この監督が次回作であの『ノルウェイの森』を撮る。大丈夫なのか?その不安だけが大きく広がった作品になってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »