« W杯最終予選 日本対オーストラリア戦 1-2 | Main | リーグ戦,対神戸戦 4-3 »

2009.06.19

おと・な・り

広島バルト11。熊澤尚人監督。岡田准一,麻生久美子主演。

とても鑑賞感の良い作品だった。久しぶりの佳作に当たった感じ。

隣の部屋の音がまる聞こえの壁の薄いボロアパートに住む隣同士の30歳の男女のラブストーリー。

ラブストーリーと言っても,この二人はなかなか出会えない。長年慣れ親しんだお互いの生活音に心地よさを感じながらも,顔を合わすことはない。観ている方にとっては『じれったい』展開が続く。男女それぞれに独自のプロットが並行的に進む。それぞれのエピソードも30代男女なら,なるほど,と唸らされるもので,脚本も良く考えられて作られている。

更に主演の岡田准一,麻生久美子共,なかなかの好演で,とても親近感のわく魅力的なキャラを演じている。女性は『岡田君,かっこいいわ』とメロメロになるだろうし,男性は『麻生久美子,いいわあ』とホレてしまう。そういう意味でもこの作品は成功しているのだ。

男女それぞれの側の脇役のキャラも立っていて面白い。

それでいて,なかなか出会えない二人にやきもきしながら,観客はどんどん物語に惹き込まれていく。この作品の『音』を主役にした不思議な感覚にも。

さて,数々のすれ違いを乗り越えて,二人は出会えるのでしょうか。結末は劇場で観て下さい。最高に幸せな気持ちになれること,間違いなし。そして,なんと言ってもエンドロールが秀逸。最後まで席を立たれぬようご注意を。カップルで観るには最上級のデートムービーでもありますね。

|

« W杯最終予選 日本対オーストラリア戦 1-2 | Main | リーグ戦,対神戸戦 4-3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/45389315

Listed below are links to weblogs that reference おと・な・り:

« W杯最終予選 日本対オーストラリア戦 1-2 | Main | リーグ戦,対神戸戦 4-3 »