« ターミネーター4 | Main | リーグ戦,対磐田戦 0-1 »

2009.06.29

リーグ戦,対京都戦 0-2

2年前のリベンジを誓い,京都へ遠征。しかし,リベンジどころか返り討に…完敗だった。

前半早々の柳沢のループシュートがポストに当たった時は,『こちらに運がある』と思った。が,逆にイリアンのFKもポストに当たって外れる等,数度の決定機をモノにできず,こちらのペースに引き込めないまま,京都の染谷のミドルシュートがDFに当たり,なんとゴールに。『運に見放された』か。この直後,陽介が怪我で交代に。この交代が後半ジャブのように効いてくる。そして,後半開始早々に盛田も怪我で交代。結局,この交代が勝負を分けた。

一誠は悪くはなかったが,ゴールに流し込む精度に欠けていた。横竹も頑張ったが,彼の実力ではあそこはディエゴをファールで止めるしかなかった。ディエゴが放った芸術的なFKはエアポケットのようにフリーになった水本の頭にドンピシャ。決定的な2失点目を献上してしまう。

これで完全に守りに入った京都を一方的に攻め立てるも,ゴール前に立ちはだかる赤紫の壁を突き崩すことができず。寿人,洋次郎の惜しいシュートもあったが枠を捉えず。

この試合は陽介が交代してからは,パスの出所がイリアン一本になってしまった。アオがもっと頑張ってパスを散らさなければいけなかったが,アオは守備でいっぱいいっぱいだった。中島は驚異的な運動量で攻撃を支えたが,決定的なパスを出せる選手ではなかった。サイドのスペースを消され,自由にやらせてもらえなかった。洋次郎と一誠がもっともっと走らなければいけなかった。

京都では渡邊が運動量豊富で足も速くいい選手だと思った。勇人のポジショニングやパスの散らしは流石だったし,柳沢も玄人好みの上手さを魅せた。彼らをホームで打ち負かすにはウチはもっと走らなければいけなかった。怪我人が連続して出るなど運もなかった。

『絶対に勝ちたい』大切な試合でこのチームは勝てない。上を狙うにはこういう試合をモノにしていかなければいけないし,せめて引き分けて勝ち点1でも積み上げておかなければいけなかった。

また怪我人が出てしまったが,試合はやってくる。またしてもリベンジマッチ。磐田にはホームできっちり勝ってほしいが,こちらのDFもボロボロで撃ち合いになりそうな予感。

とにかく次は勝って,その次,上を行く浦和に『超アウェイ』で挑みたい。

|

« ターミネーター4 | Main | リーグ戦,対磐田戦 0-1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/45491412

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対京都戦 0-2:

« ターミネーター4 | Main | リーグ戦,対磐田戦 0-1 »