« 重力ピエロ | Main | W杯最終予選 日本対オーストラリア戦 1-2 »

2009.06.13

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

サロンシネマ1。トラン・アン・ユン監督。ジョシュ・ハートネット,イ・ビョンホン,木村拓哉出演。

キムタクが『現代のキリスト』を演じる物語。はい,日本人向け説明,おしまい,って感じの作品。日本のトップアイドルを遣いながら,大衆性の欠片もないマイナーな作品。観ていてとにかく『痛い』。痛みだけが鑑賞感として残り,カタルシスなど微塵も感じない作品。恐ろしく鑑賞感の悪い作品。

ただ映像には凝っていた。タイトルとなる『キリスト復活』のシーンのおぞましさ等は『狙って画を撮っているな』と感じさせる。そのスタイリッシュさだけは認めよう。

キムタクは普通の演技は観れたのだが,英語の台詞回しが絶望的に下手で,ラスト近くの重要な場面が白けてしまったのは残念だった。

実は僕はこの監督が俊英と呼ばれるに至った過去の作品を観たことがない。この監督が次回作であの『ノルウェイの森』を撮る。大丈夫なのか?その不安だけが大きく広がった作品になってしまった。

|

« 重力ピエロ | Main | W杯最終予選 日本対オーストラリア戦 1-2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/45322892

Listed below are links to weblogs that reference アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン:

« 重力ピエロ | Main | W杯最終予選 日本対オーストラリア戦 1-2 »