« June 2009 | Main | August 2009 »

2009.07.26

リーグ戦,対FC東京戦 0-0

前半は,らしさも出て,互角の試合をしたが,後半の終盤は足が止まってしまい,引き分けに持ち込むのがやっとだった。が,試合全体を通して観れば,お互い攻守の切り替えの早い,観応えのある試合だった。

絶好調FC東京相手に0失点に抑えられたのは大きな自信になるが,一方で,得点できなかったこと,更にはシュートまで撃たせてもらえなかったことには,今のウチの限界を感じざるを得ない。

流れを変えることができる『切り札』が欲しい。せめて久保をベンチに入れてもらえないだろうか。今日のような試合展開で,引き分け狙いで平繁ではなく横竹を使うくらいなら…勝ちに行く采配が観たかったが。

さて,次節は今季唯一ウチのポゼッションサッカーを全くやらせてもらえなかった鹿島戦だ。ホームでウチ本来のサッカーをさせてもらえるか。ウチが上位を狙う資格のあるチームなのか。それを問われる試合になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.20

リーグ戦,対千葉戦 4-1

内容的にはあまり良い出来ではなかったものの,後半開始早々の2得点が大きく効いた。寿人のボレーは素晴らしかったし,イリアンのFKも同様。前半のように引きこもられたらそれを突き崩すのは難しかったろうが,これで千葉も前に出ざるをえず,やっとまともな試合ができるようになった。

前半は千葉の思いどおりの試合展開だったろう。千葉は7人で引きこもり,スペースを消し,人に厳しく付く。ボールは持たせてもらえるのだが,中盤無しの2ラインになってしまい,前でボールを収めることができない。シュートまでも持ち込めず,逆にカウンターからピンチを招くなど,我慢しながらもふがいない内容だった。『こりゃ今日も苦しいぞ』と思った前半だった。

そこに後半開始早々の2得点。ここから試合を上手くコントロールできたかと言えば,少々疑問符がつくが,とにかく終了間際の1失点のみで守り切ったことは評価できる。その前のハンジェの3点目があったから,落ち着いてこんなこと言えるのだけれど。そして,アオの4点目のゴールでトドメを刺す。4-1,結果的には快勝だが,内容としては先にも書いたように良くはなかった。特に出来の良い選手はいなかったが,ピンポイントで得点できたのが全て。そこに不満が残る。

中盤でボールの落ち着かせどころが欲しい。例えば,鹿島の小笠原のような存在の選手が。今試合に出ている誰かがその役割を負わなければならないと考えるが,誰もその役割を担えない。欲を言えば,岡本を試して育てたいと思うが,なかなかそのタイミングがないのは確か。中島にこれ以上を求めるのは酷なので,アオに頑張ってほしいのだが。

さて,次節は絶好調のFC東京戦。槙野とミキッチを出場停止で欠く中で確変した石川と平山を止められるか。撃ち合いに勝利しなければ,勝ち点3は手にできない。

なにせ今のウチは『3点獲らないと勝てないチーム』に逆戻りしてしまったのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.18

前日練習の感想

ユースの試合に続いて,トップの前日練習もBAで観てきた。

アップ走5分。鳥カゴ15分。パス練習15分。ハーフコートの紅白戦15分×2。クールダウン。練習終了後のミシャの青空説教15分。

目新しいものはなかった。いつもの前日練習のメニュー。

赤ビブスに洋次郎とミキッチが復活。盛田もサブ組のCBでプレー。怪我人は順調に帰ってきている。ちょっと安心。

が,紅白戦の内容はあまり褒められたものではなかった。中盤の繋ぎが雑で縦に急ぎ過ぎているようだ。寿人がプレーに絡んでこない。ここが気になる。2本目は,洋次郎に代わって一誠が赤ビブスを着るも,やはり洋次郎の方がスペースと時間のないところでは気の効いたプレーをするので良いと思った。

期待して観た久保は…全然ダメだった。もっと動かないと。元々スペースのないこの練習では久保の良さは出てこないとは思うんだけど。そこはプレーの質を変えていかないといつまでもベンチ入りできない。平繁の調子自体もそんなに良いとは言えないので,どっちが怖いと言われれば,文句なく久保なのだが,この練習内容では平繁をチョイスされても仕方がないと言える。

今日のこの出来では明日は苦戦しそう。やはりカギは陽介が握っているような気がする。陽介が中盤で自由にボールが捌ければ,ウチのペースの試合になる。ただ,今日の紅白戦でもGKとDFラインとの連携ミスで安い失点をしているので,それを本番でボロ出さないように。

まずは先制点だな。リベンジマッチ4戦目。今度は絶対に負けられないぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プリンスリーグ,広島Y対広島観音戦 2-1

今季ユース初観戦。今年はトップと同じシステムを組んでいるとは聞いていたが,どんなものか観たいと思って。

なんと『背番号10=大崎』が普通にスタメンで出ていた。明日のベンチ入りはない模様。

前半は広島ユースペース。PKを含む数々の決定機を作るも決められない。35分,カウンターから右サイドをドリブルで駆け上がった大崎がそのままDFを個人技で振り切りゴールを奪う。広島ユース先制。素晴らしいゴールだった。

観音はFWまでボールが繋がらず,苦しい。広島ユースの中盤も決して良くはなかったのだが,もう少しワイドな展開が欲しかった。そのまま広島ユースペースで前半終了。

後半に入り,観音は3トップにして,広島ユースの3バックに強烈なプレスをかけてくる。危ない綱渡りのようなボール回しがGKとDF間で繰り返され,冷や冷やする。

広島ユースは中盤での繋ぎがもう少し欲しい。両サイドからの裏へのスペースへの配球等,視野の広さ,判断の速さを活かした素晴らしいプレーは確かにあったが,シャドーの二人の連動性が今ひとつ。茶島の成長に期待していたのだが,残念ながら,この試合では昨年からの伸びは感じられなかった。もっと期待していただけに惜しい。

大崎もユース時代の俊や平繁の圧倒的な存在感から比べるとまだ粗がある。型にハマれば素晴らしいものを持っているのは確かだが。

森保兄にも期待していたのだが,飛び抜けたものは感じられず。CBもサイドもできるポリバレントさには惹かれるが。果たしてトップ昇格できるか。

試合は終了間際に広島ユースがシュートのこぼれ球を押し込んで2-0とし,試合を決める。が,ロスタイムに自陣ぺナ内でファールを犯し,PK献上。これを決められ,2-1に。そのまま試合終了。

勝利でプリンスリーグ優勝を飾るも,まだまだ成長途中なチームであると感じた。前3人の決定力が課題かと。ボランチの攻撃参加ももっと欲しい。決定力が上がれば,ある程度守備は安定しているので,試合は作れると感じた。

さて,クラセンが始まる。全国でどの程度通用するのか。非常に楽しみである。若熊達にはここからどんどん伸びてもらって,トップ昇格に絡んできてほしいと願う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.12

リーグ戦,対浦和戦 1-2

またしても,埼スタでのリベンジならず。良い内容の試合をしながら惜敗。怪我人多くて,いよいよ選手層の薄さが露呈してきた感じ。

昨日の試合は前半でダメ押しできなかったのが全てだった。陽介が交代してしまったのも痛かった。昨日は特に効いていたし。交代の丸谷が全然ダメで…。あそこは最初から平繁で良かったと思う。丸谷にはあの超アウェイの雰囲気は酷だったように思う。浦和の若者達が躍動していたのとは好対照だった。

またしても安い2失点で負けた。3点獲らないと勝てないチームに逆戻り。しかも点が獲れなくなってきているときている。今のチーム状態は苦しい。内容は悪くないだけに,余計にやっかいだ。

また埼スタでレッズサポの凱歌を聞くことに。悔しい。この悔しさは絶対に忘れない。来年こそ,この雪辱を果たしたい。ホームでは勝たせてもらいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.06

リーグ戦,対磐田戦 0-1

悔しい敗戦。1点先制されてから,攻めに攻めるも磐田の固い守備の壁を突き崩せず。

パスの出所がイリアン一本なんだよなあ。最後は前線の選手ばかり投入するから,中盤無しの2ラインになってるし。アンカーがいないんだよ,今のサンフには。アオがその役割をしなければならないのに,ポジショニングが前過ぎる。アオからのつなぎのパスがもっと欲しい。陽介が中盤まで下がってきた時だけつなぎのきっかけが見えていた。一誠は走らな過ぎ。もっと中盤まで降りてきてボールにさわらないと。

とにかく『一発』が欲しい。久保が帰ってくるまで待つしかないのか。久保に期待するのはもはや夢なのか。

寿人,疲れているね。絶対に決めるべきシュートを外しているし。身体がキレてない。

リベンジマッチのはずがまさかの連敗。最悪の状態で浦和戦に臨むことになる。さて,超アウェイでウチのサッカーができるか。そのカギは陽介が握っていると思う。陽介が頑張って走り回って,ゴールも決めれるようなら勝利も見えてくる。あとはアオがもうひと皮むけることだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »