« リーグ戦,対浦和戦 1-2 | Main | 前日練習の感想 »

2009.07.18

プリンスリーグ,広島Y対広島観音戦 2-1

今季ユース初観戦。今年はトップと同じシステムを組んでいるとは聞いていたが,どんなものか観たいと思って。

なんと『背番号10=大崎』が普通にスタメンで出ていた。明日のベンチ入りはない模様。

前半は広島ユースペース。PKを含む数々の決定機を作るも決められない。35分,カウンターから右サイドをドリブルで駆け上がった大崎がそのままDFを個人技で振り切りゴールを奪う。広島ユース先制。素晴らしいゴールだった。

観音はFWまでボールが繋がらず,苦しい。広島ユースの中盤も決して良くはなかったのだが,もう少しワイドな展開が欲しかった。そのまま広島ユースペースで前半終了。

後半に入り,観音は3トップにして,広島ユースの3バックに強烈なプレスをかけてくる。危ない綱渡りのようなボール回しがGKとDF間で繰り返され,冷や冷やする。

広島ユースは中盤での繋ぎがもう少し欲しい。両サイドからの裏へのスペースへの配球等,視野の広さ,判断の速さを活かした素晴らしいプレーは確かにあったが,シャドーの二人の連動性が今ひとつ。茶島の成長に期待していたのだが,残念ながら,この試合では昨年からの伸びは感じられなかった。もっと期待していただけに惜しい。

大崎もユース時代の俊や平繁の圧倒的な存在感から比べるとまだ粗がある。型にハマれば素晴らしいものを持っているのは確かだが。

森保兄にも期待していたのだが,飛び抜けたものは感じられず。CBもサイドもできるポリバレントさには惹かれるが。果たしてトップ昇格できるか。

試合は終了間際に広島ユースがシュートのこぼれ球を押し込んで2-0とし,試合を決める。が,ロスタイムに自陣ぺナ内でファールを犯し,PK献上。これを決められ,2-1に。そのまま試合終了。

勝利でプリンスリーグ優勝を飾るも,まだまだ成長途中なチームであると感じた。前3人の決定力が課題かと。ボランチの攻撃参加ももっと欲しい。決定力が上がれば,ある程度守備は安定しているので,試合は作れると感じた。

さて,クラセンが始まる。全国でどの程度通用するのか。非常に楽しみである。若熊達にはここからどんどん伸びてもらって,トップ昇格に絡んできてほしいと願う。

|

« リーグ戦,対浦和戦 1-2 | Main | 前日練習の感想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/45668257

Listed below are links to weblogs that reference プリンスリーグ,広島Y対広島観音戦 2-1:

« リーグ戦,対浦和戦 1-2 | Main | 前日練習の感想 »