« August 2009 | Main | October 2009 »

2009.09.30

リーグ戦,対新潟戦 1-2

上位争いをしている中で本当に残念な敗戦だった。1失点目は完全に崩された形。どうしてああいう失点になってしまったか,よく分析して反省してほしい。対して2失点目は事故のようなもの。あの2失点目は時間帯といい,本当に痛かった。

柏戦に続いて,4バックの布陣にして追い上げるも,槙野のスタミナが続かず。楽山投入で反撃の勢いが削がれた感があった。チュンソンがまだまだウチのサッカーに適応できてないことが明らかになった試合でもあった。後半のイケイケドンドンのサッカーの中でも,適宜ペースを変えられる選手がいればよかったのだが。

横竹がまだJ1のレベルで闘うにはいっぱいいっぱいであることが分かった。確かに決定的な場面で一対一で止めたのは評価するが,全体的にミスが多かった。アオも本調子ではなく,判断が遅く,ミスも多かった。前半の洋次郎と一誠の2シャドーといい,前半の不出来が勝負を分けたと思う。

さて,次節は中島が累積で出場停止。イリアンが復帰できないとすると,チームは大ピンチ状態だ。そんな中,今J1で一番乗っている清水と因縁の日本平で決戦だ。ここは何としても勝ち点3が欲しい。リベロに誰を置くか,今週の練習で決めなければならない。前は陽介が帰ってくることである程度計算できるが,チームの屋台骨の最後方のリベロが決まらなければキツイ。イリアンの復帰を祈る。

日本平には遠征に行けないので,現地に行かれるサポの皆さん,後押しよろしくお願いします!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.24

リーグ戦,対柏戦 1-1

柏まで遠征した。

予想どおり難しい試合になった。事故のような先制点を与えたのも痛かった。が,こういう試合でも落とさず,きっちり勝ち点1を積み上げることができるようになったと,前向きに解釈したい。

柏は前からのプレスにも来ず,じっくり守ってカウンター狙い。寿人が裏に抜けたのが3回はあったのだが…。最初のあのチャンスを決めていれば,ホームのような大勝もあったのかもしれない。

イリアンがいないのが痛かった。パスの出所がアオ一本になってしまった。途中から陽介にマンマーク気味に守備されたのも痛かった。陽介はカードまで貰ってしまい,次節出場停止となってしまったし。

中島・横竹は最後2バックになりながらよく守ったと思う。横竹はできる限りのことを必死でこなしたと思う。前節の失敗をバネにしてよく頑張ってくれたと思う。

が,課題もあり。平繁の不出来には目を覆った。ボールを納めて,はたくとか,前を向くとか,そういうことすらもできない。守備をしないFWなので,あの出来だと駒がひとつ減った気がした。契約上の問題があったにせよ,あの出来ならチュンソンを選んだ方が良さそうだ。平繁にとっては最後のアピールのチャンスでもあったはず。残念だ。洋次郎も簡単にボールを失い過ぎ。プレーがまた軽くなっているのが気になる。あと,森脇はゴールを決めたとはいえ,クロスの精度なさ過ぎだ。

4-4-2というオプションを観れた試合だったのだが,収穫はあまりなかった。そういう意味では残念な試合だったのかもしれない。こういう試合で,強力な決定力を持つFWが欲しい。それはチュンソン待ちなのか。それとも,平繁や久保で穴が埋められるのか。本来ならここで久保の復活を望みたいところだが…。

次節は陽介がいない。洋次郎と一誠の動きで陽介の穴が埋められるのかが,大きな問題。イリアンが間に合わなければ,新潟はとても難しい相手になる。いずれにしても上位対決は落とせない。ここでもうひと踏ん張りして,清水との因縁のアウェイ対決に臨みたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.14

リーグ戦,対横浜FM戦 3-2

本当に苦しい試合だった。ラスト30分,ロスタイム5分が本当に長かった。でも,こういう試合もモノにできるようになった。本当にチームの成長を感じる。中島のスーパークリアは超感動モノだった。魂が入ったいい試合を観た。雨の中観戦に行って凄いお得感だ。

陽介の右足での先制点が大きかった。陽介がコンスタントに得点できるようになればウチのチームは次のステージに行ける。あとはアオのミドルに期待かな。とにかく枠に行ってくれ。

が,課題もある。クローザーの横竹がミスを連発したこと。終盤決定的カウンターのチャンスが何回もありながらモノにできなかったこと。チュンソンのカードを切るということは洋次郎は使えないということ。さて,どちらがチームにとって効果的か。チュンソンを使いながら育てたいのは分かるが…。

さて,次の柏戦が難しい。アウェイで相手のモチベーションを上回れるか。さあここを乗り越えて上位対決のステージに行こう。その向こうに夢の舞台が待っているのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.09

親善試合 日本対ガーナ 4-3

後半2失点目を喫したところから観た。

都築のビッグセーブ連発とガーナの足が後半途中から止まったことにも助けられ,怒涛のゴールラッシュで大逆転勝利。4-3って痛快な勝利だ。3失点はいただけないけど,4得点獲れたことを称賛したい。オランダ戦は日本の足が止まってしまって完敗してしまったけれど,この試合は走り勝てたことが大きい。

前半観ていないので何とも言えないが,今の代表には『緩急』の『緩』がないんだよなあ。『急急』って感じ。同じ走るサッカーでも,いい時のサンフとはここが違うと思う。あのサッカーを90分続けられるかがチームの生命線になると思う。

期待の本田はフィットしてなかった。チームの連動性についていけてない感じ。今のチームで守備をしながらもボールを受ける動きを見つけていかなければいけないと思う。逆に稲本投入が予想外に当たったのが大きかった。

トゥーリオと中澤のバランスが悪い。あれでは失点して当たり前。特に中澤の衰えを感じる。今の中澤一人ではトゥーリオのカバーは無理。ここのバックアップをあと9ケ月で探したい。

あとはやはりサンフの選手に代表に絡んでほしいなあ。寿人,陽介,アオ,槙野,そしてとっておきのカズ等…。代表より一歩先を行く『人もボールも動くサッカー』であるサンフのサッカーの片鱗を代表でも観たいものだ。もちろん志向するサッカーの質の違いは分かっていても。

今日勝てたのは良かった。1-3で負けるのとは大違いだ。選手達の意地でチームの成長を印象づけた。そういう強いメンタリティがやはり真剣勝負の場では必要となってくるだろうから。

目指すは『W杯ベスト4』。それが夢ではないことを,これからもおおいに意地を張って,世界を驚かせるというその自信を見せてほしいと願う。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2009.09.07

ココ・シャネル

シネツイン本通り。クリスチャン・デュゲイ監督。シャーリー・マクレーン,バルボア・ロブローヴァ主演。

しまったあ,僕はこの映画を観る資格がないのかもしれない。女性のファッションには疎いし,女性達が憧れる『シャネルブランド』の素晴らしさも理解できない。

有名な香水の名付けの由来等,おそらく女性が観れば,なるほど,と思うであろう数々のエピソードも,僕にとっては想像の範疇だ。情けないがそういうところではこの作品は楽しめなかった。

が,作品として観れば,立派な伝記映画に仕上がっている。孤児からファッション界のリーダーに駆け上がるまで,とてもロマンチックに描かれている。カリスマのカリスマたる所以を堂々と描いている。二人の主演女優もどちらも素晴らしい。きっと実際の『ココ』もあんな感じだったんだろうなあと思わせる風格。

欲を言えば,2時間18分の上映時間はやや長すぎたように思う。そこだけがこの作品の粗かもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.01

リーグ戦,対山形戦 2-1

本当に『我慢』できたことから勝ち得た勝利。こういう勝ち方ができるようになったんだ。チームの成長を強く感じる。新たな階段を上っていることを実感できている。それは,僕達サポ以上に選手達が感じているのではないだろうか。

これで勝ち点40に乗り,ほぼ降格争いに巻き込まれることはなくなった。3位という素晴らしい成績に浮足立つ気持ちを抑えられない。正直,ACLは今の戦力では難しいと思うが,ここまで来たらマジで狙ってほしいと,僕の気持ちも方針転換することにする。

前半はシュートわずか2本と山形に上手く守られた感じがあったが,後半からシフトアップして,ウチらしい崩しから決定機を数々演出。古橋のFKで追いつかれた時は,『引き分けでOK』と思ったが,選手達はそうは考えてなかった。寿人の決勝点を生んだ陽介のチェイスは本当に素晴らしかった。最後まで勝利を諦めないメンタリティがようやくこのチームにも根付いてきた気がする。それは,去年のJ2時代から,少しずつ積み上げてきたもの。その成長を実感できることが今本当に嬉しい。

だが,イリアン,中島,陽介とキーマンが累積警告リーチとなり,これからはキーマンがいない試合が増えることが考えられる。そこをどう乗り切っていくか。真にチームの総力戦だ。横竹以外の若手にも是非頑張って試合に出て,『勝利の味』を噛みしめてほしいものだ。それが,また一歩このチームを強くするのだと強く感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »