« 久保が戦力外に | Main | 久保は金沢に移籍 »

2010.01.09

アバター

広島バルト11。ジェームズ・キャメロン監督。サム・ワーシントン主演。

まず,僕はこの作品を観て大満足だ。本格3D作品として第一級のエンターテインメント作品に仕上がっている。脚本にオリジナリティはないかもしれないけれど,その映像技術は真に革新的。その驚きは『タイタニック』に並ぶものと言える。

まず3Dだが,3D作品は『ベオウルフ』以来だったのだが,どちらかというとその味付けは予想に反してマイルドだった。『飛び出す絵本』的な過剰効果はなく,初心者にも飲み込み易くなっている。この辺はキャメロン監督は上手い。ただ,難点を言えば,3Dメガネが大きくて重いのが気になり,そこはマイナスだった。

次は圧巻のCG技術。パフォーマンス・キャプチャーを駆使して,顔の微妙な表情まで再現している。このこだわりが単なる3Dアニメと決定的に違うところ。パンドラの自然の情景等,確かに今の映像技術だからこそ,成しえた作品であり,今が旬のこの作品は観逃すにはとても惜しく,必見と言える。

アバターとなった主人公ジェイクとナヴィのネイティリとのロマンス・共闘を織り交ぜる等,『タイタニック』と同様に,映像技術以外の横糸もしっかりと描かれており,飽きさせない。

本当に凄いとしか言いようがない。間違いなくもう一度観たい作品だ。できれば,もっと凄いと噂されるIMAXシアターで観てみたいものだ。最後に念押しで言うけれども,僕はこの作品に対して肯定派である。

|

« 久保が戦力外に | Main | 久保は金沢に移籍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/47243509

Listed below are links to weblogs that reference アバター:

» ハムナプトラ3 ですね [メロの気まぐれ日和]
こんばんわ。    だいぶ前の話になりますが、『ハムナプトラ3』を見ました。 ハ [Read More]

Tracked on 2010.01.09 at 02:00 PM

« 久保が戦力外に | Main | 久保は金沢に移籍 »