« ラブリーボーン | Main | ジュリー&ジュリア »

2010.02.07

ゴールデンスランバー

ワーナーマイカルシネマズ広島。中村義洋監督。堺雅人主演。

巨大な権力を持つ何者かに首相暗殺犯人に仕立て上げられた男の逃亡劇を縦糸に,彼を信じ,支える友人達との友情劇を横糸に絡めて描く,伊坂幸太郎原作小説の映画化作品。

結局,主人公をハメた真犯人は誰だったのかが全く明かされない等,ツッコミどころは満載だったのだけれど,単純に平均点以上に面白かった。演者もそれぞれ個性的で魅力のある役を演じており,娯楽作品としてはそれなりに楽しめる。僕はこの作品を観て,原作本が読んでみたくなった。この作品はそれで十分だと思う。

堺雅人は当然上手くて,グイグイ引き込んでくれるのだが,それ以上に僕は竹内結子の役者としての成長ぶりに注目したい。小さい子供がいる母役と大学生時代の役を難なく魅力的にこなしている。プライベートでも一児の母となったことが,彼女の演技の幅を広げたと言える。この作品を観て,また昔のように竹内結子が好きな女優と言えるようになった。これからどんな女優に成長していくか楽しみである。

|

« ラブリーボーン | Main | ジュリー&ジュリア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/47502312

Listed below are links to weblogs that reference ゴールデンスランバー:

« ラブリーボーン | Main | ジュリー&ジュリア »