« ジュリー&ジュリア | Main | アジア杯予選,日本対バーレーン戦 2-0 »

2010.02.10

おとうと

109シネマズ広島。山田洋次監督。吉永小百合主演。

世間的には絶賛されているこの作品だが,僕は納得がいかない。作りは王道でとてもいい画だと思う。だが,その脚本と演出がベタ過ぎて…。これを『古典』と解釈すればよいのだろうか。なぜ『現代劇』で,山田洋次監督が一体何を問いかけたかったのか,その『魂』が僕にはこの作品からは読み取れない。

吉永小百合の演技は上手いとはとても言えないし,鶴瓶はギャーギャーわめくだけ。本当にこんな演出でいいの?豪華脇役陣を考えると,これくらいの作品に仕上がるのは普通で,観客としてはもっともっと上を期待すると思う。ラストシーンなんかは,山田洋次監督の自己満足そのものであって,とても感動という境地まで行けない。ぶつ切りに切った野菜のサラダみたいな作品で,大味で,総じて軽いと感じる。

ところが,この作品が普段映画をあまり観ない層にまで『優良作品』というレッテルが刷り込まれていて,僕の周りでも『観たい』という人がとても多いのには本当に驚く。

パンフレットも豪華版で800円もしたが,半分読んで,読む気がなくなった。これも自己満足の世界だったからだ。

やはり山田洋次監督には,邦画監督の先頭集団を引っ張っていってほしい。『映画というものはこういうものだよ』とか『こう作ったら破たんはないよ』というもの,そのコツを山田洋次監督が持っているのはよく分かる。でも,人に感動を与えるという面では大切なものが欠けている作品だと思う。そんな小手先の技巧にはごまかされたくない。僕は山田洋次御大には,もっともっと過大なものを要求する。そういう意味で,辛口の評価となった作品だった。

|

« ジュリー&ジュリア | Main | アジア杯予選,日本対バーレーン戦 2-0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/47532278

Listed below are links to weblogs that reference おとうと:

« ジュリー&ジュリア | Main | アジア杯予選,日本対バーレーン戦 2-0 »