« ファッションが教えてくれること | Main | Dr.パルナサスの鏡 »

2010.02.07

サヨナライツカ

シネツイン本通り。イ・ジェハン監督。中山美穂,西島秀俊主演。

これは評価が難しい作品だ。大人の恋愛映画として絶賛している人もいる。が,僕はこの作品の世界観についていけなかった。つまり,肉欲から生まれた愛が,やがて精神的な愛に昇華していくという世界に。だから,その『愛』の性質が切り替わる『スイッチ』の場面が上手く理解できなかった。だから,いきなり25年後の二人の愛を目の前に提示されても,『え?25年間も想い続けていたの?素晴らしい!』と言う気にはなれない。

中山美穂は12年ぶりの映画主演のブランクとその40歳という年齢を全く感じさせないくらいに綺麗だったし,西島秀俊も相変わらず上手いし,その身体作りも含めて素晴らしい演技だった。石田ゆり子も難しい役柄をさらりと演じきっていて好感がもてた。

ファッションも音楽も画質も凝った造りで素晴らしいのだが…。

このレビューが難しくて書けなくて,ずっと更新が止まってた。本当にこの作品のキモである『こういう恋愛観もある』ということが,理解できるか否かで,全く評価が変わってくる。良かったという人もきっといるだろう。でも,僕はダメだったと言っておく。

|

« ファッションが教えてくれること | Main | Dr.パルナサスの鏡 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/47502273

Listed below are links to weblogs that reference サヨナライツカ:

« ファッションが教えてくれること | Main | Dr.パルナサスの鏡 »