« おとうと | Main | ACL第1節 山東戦,0-1 »

2010.03.03

アジア杯予選,日本対バーレーン戦 2-0

う~む,俊輔は90分走れずか。まあ試合勘もあるだろうけど,後半途中からの劣化は酷かったので,交代させたのは正解。森本がチームにフィットしてないのが明らかになった試合。ただ個人能力は高い。本田はよく走ったと思うよ。自分を殺してチームプレーに徹した。大人のプレーができるようになった。

今の代表の試合には緩急がないね。急急という感じ。遠藤と俊輔のコンビで緩急をつけないといけないのだが…。俊輔のコンディションが悪かったのは明らかで,今日の出来なら本番でスタメンは張れない。本田のFW起用は苦肉の策だったが,これは今までの代表のコンセプトを捨てるということ。

今日の試合を観て,岡田監督が玉田を重用する理由が理解できた。本田の決定力を取るか,玉田の戦術力を取るか。岡崎をファーストチョイスにする場合は両方は取れない。本田を使いたいなら,俊輔を外すこと。そこまでコンセプトを急変させる勇気が岡田監督にあるか。この二人の関係も両方は取れない。

で,本番だが,今の実力は予選リーグ突破できるか,ギリギリの状態と診る。ドイツの時よりも勝負弱くなっているのは確か。今のサッカーを90分続けるのは無理だと思う。俊輔と遠藤のFKに頼るしかないチームになってしまった。今になって,チームのコンセプトが揺らいでいるのが怖い。

寿人はJでゴールを量産しないと本番での代表召集は無理かもしれない。俊輔中心のチームコンセプトが変わるとするならなおさら。ただ,俊輔はマリノスに帰ってきた。コンディションが戻って,もっと走れるようになれば,国際舞台では彼の経験が活きてくるように思う。岡田監督は俊輔と心中できるか。

今日が決断の日だったはず。勝ったということは本番も岡田監督で行くということ。ボランチの控えの選手の選択が重要。稲本がJでどんなプレーを魅せるかが楽しみ。憲剛が怪我してしまったのは本当に痛い。憲剛が出場できれば,今日の本田スタメンもなかったと思う。

長谷部は替えの利かない選手だとつくづく感じた試合。結局3人目の動きができていたのは今日は彼だけだった。ここに来て連動性が消えつつあるのも危機感を煽る要因になっているのだと思う。どうしてもサンフの好調時と代表を比較してしまうが,縦パスの精度が好調時のサンフと比べると雲泥の差。

あとクサビのパスの精度も。これは前線の選手の質の問題。サイドから崩そうという意図は見えている。あとは中央からどう崩すかのバリエーションが出てくれば,中央の守備は固いので,勝ち点が拾えるチームになる。寄せが早いランク上位のチームに対して,中央で『タメ』の時間をいかに作るか。

今の俊輔にはそれができないことが分かった。そこは遠藤が頑張らないといけないところ。更には岡崎がもっと裏を取れる動きができるようになれればと…。寿人が出れないのなら,余計にそこのところは重要な課題。前線でギャップを作るために本職のFWを置く2トップの形が今の代表にはベストだと思う。

松井が一時期の不調を脱しつつあることが分かった試合ではあった。やはり常に試合に出続けることが大切なのだろう。ただ松井にしても今のサッカーでは90分持たない。俊輔と合わせてこの二人を替えてしまうとサッカーの質が変わってしまう。頭の痛い問題だ。

W杯まであと100日なんだな。いずれにしても岡田監督路線は今日で決定。後はコンセプトの再生のみ。もうそれをするだけしか時間は残されていない。DFとMFの陣容は固まっている。後はFWのチョイスのみ。サンフサポとすれば,そこに寿人が残ってくれることを祈るだけ。

|

« おとうと | Main | ACL第1節 山東戦,0-1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/47718055

Listed below are links to weblogs that reference アジア杯予選,日本対バーレーン戦 2-0:

« おとうと | Main | ACL第1節 山東戦,0-1 »