« 未レビュー作品12作を纏めて超簡略アップ | Main | 未レビュー作品8作を纏めて超簡略アップ »

2010.03.25

ACL第3節,対アデレード戦 2-3

ACL,サンフ対アデレード戦を全ての情報をシャットアウトして,BS朝日の録画放送で観る。アデレードはとにかくフィジカルが強く,縦に速く,守備も強かった。パススピードがJとはまるで違って速かった。慣れるまでそこに戸惑っていた印象。槙野が怪我不在,イリアン退場が痛かった。

10人になってから,悪いなりに同点,そして逆転まで持ち込んだことは評価したい。しかし,セットプレイから2失点。他のシーンはなんとかしのぎ切っていただけに残念。できればアウェイで勝ち点3が欲しかった。これで予選リーグ突破に黄色信号。ホームのアデレード戦では意地をみせてほしい。

森脇と横竹のミス連発が痛かった。普通に槙野がいれば,もう少しまともな試合になったはず。森脇の不安定さには我慢の限界だが,代わりの選手がいないのが苦しい。次節はイリアンがいないので,中島がリベロに入る布陣になるのか。アデレードはJレベルでは計れないほど強かった。衝撃の敗戦。

これは来週火曜日は絶対に参戦せねば。ホームで,今日のようなミス連発でない,サンフらしいサッカーが観たい。それにしてもアデレード,デカイ体躯を活かしての懐の深いプレーとストライドの大きい脚の速さが印象的。Jでもあそこまでカウンターが速いチームはいない。グループで頭ひとつ抜けた存在。

ガチの国際試合の経験の無さが顕著になった3連敗だった。課題はセットプレーのマークの甘さ。人数が少ないとはいえ,この課題は今季抱えたまま。中盤でミドルパスを展開できる選手がほしいが…。カズを最終ラインから一列上げるしかないと考えるが,ミシャがやるわけがないのが歯がゆい。

次節は横竹の裏のスペースをケアしたい。最初から4バックで臨んだ方が良いかもしれない。浩司が90分出場できたのは収穫。浩司を1列下げて,ボランチで起用して展開力をアップさせたいとも感じるのだが…。いずれにしてもイリアン不在なのでパスの出所がカズ一本になる訳でそこはケアしないと。

6日後には広島に移動してホームでアデレードで再戦。生でアデレードの強さと速さを体感してみたい。世界基準を目に焼き付けたい。それでも今日は一時逆転まで持っていったのは事実。ネガティブにならず,コンディションを維持して,少しでもホームチームにふさわしい試合をして欲しいと願う。

|

« 未レビュー作品12作を纏めて超簡略アップ | Main | 未レビュー作品8作を纏めて超簡略アップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/47902026

Listed below are links to weblogs that reference ACL第3節,対アデレード戦 2-3:

« 未レビュー作品12作を纏めて超簡略アップ | Main | 未レビュー作品8作を纏めて超簡略アップ »