« March 2010 | Main | May 2010 »

2010.04.22

未レビュー試合を振り返る

一番印象的で感動したのは,やはりホームのアデレード戦かな。久しぶりに心が震えた。あんなに奮闘する選手達を観て感動した。サンフレッチェの歴史に刻まれた国際公式戦初勝利だった。

感動して,そのまま山形まで遠征した山形戦では,逆に燃えカスのような戦いぶりを観せられて,めちゃくちゃがっかり。本当にスタジアムは寒かったが,試合内容も寒かった。

川崎戦では,川崎との地力の差を痛感させられた。あの安い『1失点目』が全てだった。ホームであの完敗は辛かった。

もうダメかと思った山東戦では,選手達は走る,走る。チュンソンの2得点には感動した。サンフにも地力と根性が根付いてきたと予感させた一戦だった。

続く鹿島戦でも素晴らしいファイトを魅せてくれた。ドローゲームだったけど,去年のアウェイでの闘いとは大違い。本当に成長している。

そして,もうボロボロになったと思った名古屋戦でのあの奮闘ぶり。主力をスタメンの半分以上も欠いて,よくここまでの闘いを観せてくれた。あの一誠が労を惜しまず全力で走り回っている姿を観て感動。確かにホームだから,という後押しはあったけど,それでも選手達は頑張った。引き分けで十分と諦めかけていたところでの,あの寿人の素晴らしいゴール。観客は1万人には届かなかったけど,あの場所に確かに歓喜と感動があった。めちゃくちゃ幸せだった。

もうベンチにもDFの控えはいない。今のスタメンの一人でも離脱するようなことがあれば,即非常事態の切迫した状況。

それでも選手達は走る。自分達のサッカーを信じて。

一日も早く『ベストメンバー』でのサンフのサッカーが観たい。それが今の僕の一番の願いだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.20

未レビュー作品8作を纏めて超簡略アップ

全然ちゃんとしたレビューが書けないのでこの辺で消化します。


『マイレージ,マイライフ』…★★(評価不能)
東京で公開初日に観た。途中で寝てしまったので,ラストの印象も薄くなってしまった。広島でもう一回チャレンジします。

『抱擁のかけら』…★★★
ペネロペ・クルスがとても魅力的に撮れていた。人生の再生をラストで上手く纏めていた。これも途中でうたた寝してしまい,正当な評価不能です。面目ない。

『NINE』…★★
音楽は面白かったけど,女にだらしない映画監督を描いただけの作品。これだけのスターを集めながら…もったいない。

『シャッターアイランド』(字幕版)…★★
ディカプリオ,奮闘に拍手。が,オチにもうひと捻り欲しかった。未見の方には『超日本語吹替版』をオススメします。

『第9地区』…★★
冷蔵庫にある食材を全部ぶっこんだ何でもアリの闇鍋のような作品。人類の根深い差別意識を痛快に皮肉った作品。

『50歳の恋愛白書』…★★★☆
邦題が最悪。内容は硬派でとてもよろしかった。一人の女性の半生を描いた作品。男ってバカな生き物だな,とつくづく感じさせられる。50歳になっても恋愛したい!

『悲しみよりももっと悲しい物語』…★★(評価不能)
これも半分くらい寝てしまいました。再度チャレンジする機会なく,とても残念。となりのおじさんはラスト30分ずっとないていた。

『新しい人生のはじめかた』…★★★
ダスティン・ホフマン良かった~。ラストシーンが印象的で良い。パンフを売ってなかったのが残念。


最近お疲れなのか,午前中に観た作品は確実に寝てる(涙)。気合入れ直さないと!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »