« June 2010 | Main | September 2010 »

2010.08.25

リーグ戦,対FC東京戦 2-0

FC東京戦を簡単に振り返る。試合の前に味スタはアクセスがいいなあ。電車とアトムの輸送力の差を思い知らされる。試合終了後,30分で何の苦もなく新宿まで帰ってこれるなんて。広島に帰ってきたのが,ちょうとカープ戦の試合前で,カープファンで広島駅前がごった返してした。BAにはない光景。

さて,試合。FC東京にあの暑い中,走り勝ったのが勝因かと。F東はウチ以上にチームが壊れていて,中盤と前線の連携が皆無で,各チーム定番の広島対策も打ってこなかったのも助かった。あの出来では,試合後にサポから一斉にブーイングを浴びても仕方がないと思う。今回は対戦相手に恵まれた印象。

F東の2シャドーへのボランチの寄せが甘かったせいもあり,悪い時の『2ライン』にならなかったことも良かった点。浩司も洋次郎も一旦引いてボールに関わる動きを繰り返していた。普通のチームはそこを厳しく守備してくるのだが,二人が前を向いてプレーができた。それがゴールシーンに直結した。

ここ数試合,穴になっていた右サイドでやられなかったのも大きい。この試合の森脇・横竹は頑張ったと思う。久しぶりに流れの中からウチらしい崩しから2得点できたのも,今後への収穫。アウェイだったし,コウタの先制点が大きかった。フレッシュな交代選手が得点してくれれば,より良かったと思う。

個人的には岡本にこれから頑張ってもらって台頭してきたほしい。あとはベンチにも入れない状態の一誠の復活か。山形戦のスタメンも恐らくこのメンバーでいくはず。山形は広島対策を徹底してくる。しかし,上位進出のためには絶対に勝ち点3が欲しいホームでの試合。カギを握るのはアオの出来かと。

アオからの大きな展開,前線への勝負パスが出てくると本来のウチらしいサッカーにまた一歩近づく。イリアンがコンディションを崩さず,及第点の仕事をしているので,あとはアオの復活かと。シャドーの浩司と洋次郎のゴールも観たい。洋次郎には貪欲にゴールを狙ってほしい。やはりゴールしてなんぼ。

とにかくアウェイ参戦した時の勝利は格別に嬉しい。今回は3連敗していただけに余計に勝利に飢えていた。山形戦では多くの観客にBAへ来てもらって,サンフらしい,『人もボールも人の心も動かすサッカー』を体現して,文句なく勝ち点3をゲットしてほしいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.16

リーグ戦,対川崎戦 0-2

川崎戦を振り返る。まあ振り返るまでもない完敗。山岸が負傷交代した時点で,アオのカードが切れなかったことが敗因かと。コンディショニング厳しいのは分かるが遠征に帯同させながら,使えないレベルとは。丸谷は展開力に欠け,昨日は走力でも観るべきものはなかった。チュンソンも一誠も存在感なし。

本当に森脇の右サイドが良い形なのか,そろそろ見直すべきではないか。切り込んでシュートを撃つでもなし,特にあのクロスの下手さには閉口してしまう。横竹との連携も良くない。横竹がストッパーに入ると,そこで手詰まりになってしまう。前の選手を追い越していく動きとか,勝負パスとかが全くない。

横竹はユースの頃,確か中盤の右サイドもやっていたはず。森脇と逆の関係は無理なのだろうか。J1で勝負するには走力(脚の速さも含めて)が劣るのだろうか。横竹にもクロスの精度とかミドルシュートとかを求めるのは酷か。でも,横竹をダミーに使って森脇が追い越していく形はできるのではないか。

あとはボランチか。ミシャは岡本の才能を摘んでしまうつもりなのか。ボール奪取力,展開力,どちらも丸谷より上のはずだが…。岡本が前俊や平繁のようになってしまうのではないかと危惧している。槙野のような成功例はあるが,一方で巨大なる才能の芽を摘んでいってしまっているのもミシャだ。

出て行った選手のことを言うのはシャクだが,陽介がいればボランチでも使えるのに。浦和で自分の良さを出せない陽介を観る度にとても残念に思う。サンフでやってた方が代表にも近かったのではないだろうか。いずれにしても大宮戦のボランチはアオの復活が前提になる。せめて後半45分だけでも。

浩司がいない大宮戦は,シャドーのポジションも重要になってくる。洋次郎の復活はあるのか。一誠は練習の無双ぶりを試合で発揮できるのか。キレている清水でもいい。大宮は中央から突き崩していく戦いになりそうだ。久しぶりに寿人との連携でシャドーが得点する形が観たいものだ。とにかく勝ち点3だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2010 | Main | September 2010 »