« September 2010 | Main | November 2010 »

2010.10.18

リーグ戦,対磐田戦 1-1

磐田戦を振り返る。チュンソンのゴールも前田のゴールもどちらも素晴らしかった。周作と川口のスーパーセーブ合戦も。観応えのある試合だったし,決戦前の前哨戦として1-1のドローは妥当な結果だったのかもしれない。しかし,サンフ的には3位以内を目指すには痛すぎるドローだった。

この試合の収穫は,カズが90分通しで出場できたこと。本来なら70分くらいで交代させても良かったが,カズ自身がOKのサインを出してのフル出場だと考えたい。逆に不安な点は,アオの不調さ。ありえないパスミスが多すぎる。湘南戦までは広島で調整できるわけだし,次は『普通』のアオが観たい。

磐田戦で,ミシャのストッパーとしての評価は,現段階では,横竹>森脇であることがはっきりした。僕の評価は逆なのだけれど。強力なFWが相手になればなるほど,安易なファールやミスをしてしまう横竹には不安を感じてしまう。確かに,サイドチェンジパス等,成長している面はあるのだが。

浩司はナビスコ決勝には間に合わないかもしれない。ならば,やはり今の攻撃のカギは洋次郎が握っていると言っていい。かなりキレも戻ってきたし,やはり洋次郎ならではのパス展開能力は捨てがたい。あとはシュートへの意識をもっと高めてほしい。どうしてもパスをまず考えてしまう癖を捨ててほしい。

今のチュンソンの好調さを考えれば,素直に寿人と2トップにして,トップ下に洋次郎でもいいと思うが…。ミシャはそうはしないだろう。寿人は試合勘だけが心配。フルコートで練習できる機会は限られていて,チームに全くかみ合わない恐れもある。試せるのは実質マリノス戦の1試合。危険な賭けかも。

サンフは磐田との相性は良くない。それに国立も完全アウェイの状態になるのは間違いない。その中で自分達のサッカーを貫けるか。それは,『2点獲られても3点獲って勝つ』超攻撃的サッカーだ。最近はシュート数自体が減っていて,得点の機会が減っているが,決勝ではミドルをガンガン撃ってほしい。

高円宮杯決勝では仔熊達に『気持ちには引力がある』ことを教えてもらった。リーグ戦も捨てられない中での,ナビスコ決勝はモチベーションの持ち方が難しいが,やはりここは『タイトルを獲る』という想いの強い方が勝つのではないか。シルバーコレクターを返上する最大のチャンスだ。気持ちで負けるな。

仔熊達がカップを手にスタンドまで駆け寄ってきた時,不覚にも感涙してしまった。『サンフレッチェ広島』が日本一になることはこんなにも嬉しい,幸せなことなんだ。次はトップチームの番だ。国立で,ナビスコカップを天に掲げるのは『サンフレッチェ広島』であることを信じて,当日は国立で応援する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.10.14

天皇杯,対福岡戦 2-2(PK:5-6)

天皇杯,対福岡戦を振り返る。前半25分くらいまでは格の違いをみせつけて,全く負ける気がしなかったのだが,そこから急激に全員の運動量が落ち,一気に劣勢に。やはり連戦の疲れが抜け切れてなかったのかもしれない。あんなに悪いカズは久しぶりに観た。横竹の出来の悪さも目についた。

結局,中途半端なメンバーでスタメン組んだのが敗因かと。カズは今日はベンチに置くべきだったし,アオの交代は中島ではなく,横竹にすべきだった。カードも貰っていたし。勝負どころで浩司のカードが切れなかったのが,90分の勝敗に直結したと思う。今日の一誠はPKゲットには絡んだが落第点だ。

あと,洋次郎にも。ゴールが見えたらパスではなくシュートを撃て。洋次郎ならもう2点は決めていてもおかしくない場面でパスを選択。いくら同点ゴールを決めたとしても決してほめられたものではない。チュンソンがシュート撃てるシーンが少なかっただけにそれが悔やまれる。洋次郎には猛省を。

中林のファンブルは残念だった。延長前半は0-0でしのいで,後半に賭けていただけに。おそらく次のプレーが頭をよぎったのだろう。PKで後攻が取れなかったのも痛かった。森脇は蹴る前から右サイドをずっと見ていて読まれていた。5人で決着をつけたかった。中林なら一本は止めてくれると思ったが。

今日はとにかくコンパクトに出来てなかった。悪癖の間延びした2ラインになってしまっていた。延長戦では,サイドチェンジのボールを上手く使って両サイドから攻めができていたのだが,それが90分の中で出てほしかった。今日は縦のクサビを打ち込める選手が誰もいなかった。それが苦戦した原因。

カズが90分使えないうちは,こういう取りこぼす試合はあると思う。磐田戦は若手主体でいいのではないか。スタメン組は相当疲れている。特にカズは休ませるべき。プレーの質が明らかに落ちている。横竹はDFとしての壁にぶち当たっている。競り合ってヘッドを空振りし後にボールを逸らすのはどうか。

これは横竹の悪癖。生粋のDFでないことがプレーに現れている。これが直らないと信頼して最終ラインを任せられない。練習から意識して特訓してほしい。あと,勝負パスが欲しい。延長では良いサイドチェンジパスを連発していた。後は,リスクを負っての攻め上がってのクサビのパスがほしい。

やはり,これからのキーマンは浩司か。無理はさせたくないが,後半30分くらいはその本領を発揮してほしい。やはり今のサンフは森崎兄弟のチーム。二人が一緒にプレーする時間帯を作りたい。とりあえず,今日のスクランブルシステムは失敗した。この大きな失敗と敗戦を糧に,ナビスコは勝利へ。

最高だった3連休の試合を振り返らなければなあ。でも,まだ正直そんな気分じゃない。サポがこんなんだったら,選手達はもっと悔しいだろうな。でも,もう終わったこと。切り替えが大切。切り替えて残りのリーグ戦,ひとつでも上の順位を狙っていこう。そして,11月3日,勝って胸に星をつけよう!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »