« リーグ戦,対鹿島戦 1-1 | Main | リーグ戦,対磐田戦 1-1 »

2010.10.14

天皇杯,対福岡戦 2-2(PK:5-6)

天皇杯,対福岡戦を振り返る。前半25分くらいまでは格の違いをみせつけて,全く負ける気がしなかったのだが,そこから急激に全員の運動量が落ち,一気に劣勢に。やはり連戦の疲れが抜け切れてなかったのかもしれない。あんなに悪いカズは久しぶりに観た。横竹の出来の悪さも目についた。

結局,中途半端なメンバーでスタメン組んだのが敗因かと。カズは今日はベンチに置くべきだったし,アオの交代は中島ではなく,横竹にすべきだった。カードも貰っていたし。勝負どころで浩司のカードが切れなかったのが,90分の勝敗に直結したと思う。今日の一誠はPKゲットには絡んだが落第点だ。

あと,洋次郎にも。ゴールが見えたらパスではなくシュートを撃て。洋次郎ならもう2点は決めていてもおかしくない場面でパスを選択。いくら同点ゴールを決めたとしても決してほめられたものではない。チュンソンがシュート撃てるシーンが少なかっただけにそれが悔やまれる。洋次郎には猛省を。

中林のファンブルは残念だった。延長前半は0-0でしのいで,後半に賭けていただけに。おそらく次のプレーが頭をよぎったのだろう。PKで後攻が取れなかったのも痛かった。森脇は蹴る前から右サイドをずっと見ていて読まれていた。5人で決着をつけたかった。中林なら一本は止めてくれると思ったが。

今日はとにかくコンパクトに出来てなかった。悪癖の間延びした2ラインになってしまっていた。延長戦では,サイドチェンジのボールを上手く使って両サイドから攻めができていたのだが,それが90分の中で出てほしかった。今日は縦のクサビを打ち込める選手が誰もいなかった。それが苦戦した原因。

カズが90分使えないうちは,こういう取りこぼす試合はあると思う。磐田戦は若手主体でいいのではないか。スタメン組は相当疲れている。特にカズは休ませるべき。プレーの質が明らかに落ちている。横竹はDFとしての壁にぶち当たっている。競り合ってヘッドを空振りし後にボールを逸らすのはどうか。

これは横竹の悪癖。生粋のDFでないことがプレーに現れている。これが直らないと信頼して最終ラインを任せられない。練習から意識して特訓してほしい。あと,勝負パスが欲しい。延長では良いサイドチェンジパスを連発していた。後は,リスクを負っての攻め上がってのクサビのパスがほしい。

やはり,これからのキーマンは浩司か。無理はさせたくないが,後半30分くらいはその本領を発揮してほしい。やはり今のサンフは森崎兄弟のチーム。二人が一緒にプレーする時間帯を作りたい。とりあえず,今日のスクランブルシステムは失敗した。この大きな失敗と敗戦を糧に,ナビスコは勝利へ。

最高だった3連休の試合を振り返らなければなあ。でも,まだ正直そんな気分じゃない。サポがこんなんだったら,選手達はもっと悔しいだろうな。でも,もう終わったこと。切り替えが大切。切り替えて残りのリーグ戦,ひとつでも上の順位を狙っていこう。そして,11月3日,勝って胸に星をつけよう!!

|

« リーグ戦,対鹿島戦 1-1 | Main | リーグ戦,対磐田戦 1-1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/49743245

Listed below are links to weblogs that reference 天皇杯,対福岡戦 2-2(PK:5-6):

« リーグ戦,対鹿島戦 1-1 | Main | リーグ戦,対磐田戦 1-1 »