« 天皇杯,対福岡戦 2-2(PK:5-6) | Main | リーグ戦,対浦和戦 2-1 »

2010.10.18

リーグ戦,対磐田戦 1-1

磐田戦を振り返る。チュンソンのゴールも前田のゴールもどちらも素晴らしかった。周作と川口のスーパーセーブ合戦も。観応えのある試合だったし,決戦前の前哨戦として1-1のドローは妥当な結果だったのかもしれない。しかし,サンフ的には3位以内を目指すには痛すぎるドローだった。

この試合の収穫は,カズが90分通しで出場できたこと。本来なら70分くらいで交代させても良かったが,カズ自身がOKのサインを出してのフル出場だと考えたい。逆に不安な点は,アオの不調さ。ありえないパスミスが多すぎる。湘南戦までは広島で調整できるわけだし,次は『普通』のアオが観たい。

磐田戦で,ミシャのストッパーとしての評価は,現段階では,横竹>森脇であることがはっきりした。僕の評価は逆なのだけれど。強力なFWが相手になればなるほど,安易なファールやミスをしてしまう横竹には不安を感じてしまう。確かに,サイドチェンジパス等,成長している面はあるのだが。

浩司はナビスコ決勝には間に合わないかもしれない。ならば,やはり今の攻撃のカギは洋次郎が握っていると言っていい。かなりキレも戻ってきたし,やはり洋次郎ならではのパス展開能力は捨てがたい。あとはシュートへの意識をもっと高めてほしい。どうしてもパスをまず考えてしまう癖を捨ててほしい。

今のチュンソンの好調さを考えれば,素直に寿人と2トップにして,トップ下に洋次郎でもいいと思うが…。ミシャはそうはしないだろう。寿人は試合勘だけが心配。フルコートで練習できる機会は限られていて,チームに全くかみ合わない恐れもある。試せるのは実質マリノス戦の1試合。危険な賭けかも。

サンフは磐田との相性は良くない。それに国立も完全アウェイの状態になるのは間違いない。その中で自分達のサッカーを貫けるか。それは,『2点獲られても3点獲って勝つ』超攻撃的サッカーだ。最近はシュート数自体が減っていて,得点の機会が減っているが,決勝ではミドルをガンガン撃ってほしい。

高円宮杯決勝では仔熊達に『気持ちには引力がある』ことを教えてもらった。リーグ戦も捨てられない中での,ナビスコ決勝はモチベーションの持ち方が難しいが,やはりここは『タイトルを獲る』という想いの強い方が勝つのではないか。シルバーコレクターを返上する最大のチャンスだ。気持ちで負けるな。

仔熊達がカップを手にスタンドまで駆け寄ってきた時,不覚にも感涙してしまった。『サンフレッチェ広島』が日本一になることはこんなにも嬉しい,幸せなことなんだ。次はトップチームの番だ。国立で,ナビスコカップを天に掲げるのは『サンフレッチェ広島』であることを信じて,当日は国立で応援する。

|

« 天皇杯,対福岡戦 2-2(PK:5-6) | Main | リーグ戦,対浦和戦 2-1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/49780035

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対磐田戦 1-1:

« 天皇杯,対福岡戦 2-2(PK:5-6) | Main | リーグ戦,対浦和戦 2-1 »