« リーグ戦,対浦和戦 0-0 | Main | 2011年6月第4週の映画超簡略レビュー »

2011.06.28

リーグ戦,対G大阪戦 3-5

万博まで日帰り遠征した。一昨日のガンバ戦は完敗に終わり,がっかりして広島まで日帰りしてきたのでした。やはり連戦と長距離移動がボディーブローのように効いてきている。やはりサンフは地方クラブのハンデを背負っていると実感。なんとかこれ以上順位を落とすことなく,夏場を乗り切ってほしい。

開始早々の1失点目と,追い上げムードを断ち切られた3失点目が昨日の試合を決めた。横竹投入が完全に裏目に出た印象。チュンソンが前線の連携から浮いているのが気になる。今の状態ならアオが復活したら,浩司トップ下の方が良いかもしれない。もちろんチュンソンには復調を望むけれども。

一昨日も遠藤に自由にやられた印象。ペトロヴィッチサッカーの限界を観たような衝撃的な敗戦。がっちり守備ラインをひいて,ハーフカウンターに徹するガンバの戦術の前に屈した。メンバーが変われば互角に対戦できるのか。根本的な大問題に直面した印象。

この試合の終盤,左サイド前目で起点になってボールを展開するカズを観て,カズはやっぱり前目で使いたいなあと実感。中島リベロより,カズリベロの方が安定するのはこれまでの結果から分かるんだけれど,アオが復帰できたら,やはりカズはボランチで使いたいし,浩司はトップ下で使いたい。何かを変えないとこのままずるずると失点を繰り返しては負けるチームになってしまいそうだ。森崎兄弟がDFラインでボール回しているようなら,やはり物足りない。ムジリの決定的な仕事をする能力は,できれば試合終盤の切り札的に使いたいし,チュンソンも疲れから調子を落としているようだし,浩司トップ下でも良いのではないだろうか。

ある意味,ペトロヴィッチサッカーの限界を観た試合。もう一皮むけて成長したい。もちろん変えるのはミシャではなく,選手達自身だ。

|

« リーグ戦,対浦和戦 0-0 | Main | 2011年6月第4週の映画超簡略レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/52063103

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対G大阪戦 3-5:

« リーグ戦,対浦和戦 0-0 | Main | 2011年6月第4週の映画超簡略レビュー »