« June 2011 | Main | August 2011 »

2011.07.31

2011年7月第5週の映画超簡略レビュー

今週は夏季休暇でずっとお休みだったので,映画を観まくりました。久々の超簡略レビュー行きます。


『アイ・アム・ナンバー4』…★★★ もっと面白い正・悪の頂上バトルを期待していただけにやや肩透かし。学校パートはもっと短くて良かったのでは…。続編があるっぽいけど,なんか今回のバトルで全部出し尽くした感が…。残り4人の持つ特殊能力が楽しみではある。まあ次も観よう。

『ハリー・ポッターと死の秘宝2』…★★★★ 10年ファンを魅了し続けてくれたこの物語もいよいよファイナル。僕は4~6はテレビでしか観てなくて,7の1は暗い展開についていけず,ほとんど寝て観てない。それでも今作は相当楽しめた。もっと感動でウルウル来るかと思ったけどね。

『シャレード』…★★★ 午前十時の映画祭に初参戦。平日でも劇場の半分以上観客が入っていてびっくり。土日だったら満席だろうな。この作品を観るのは学生時代に大学の図書館の名画ライブラリーで観て以来。作品自体はそんなに面白くないけど,オードリー・へプバーン目当てで。大満足。

『大鹿村騒動記』…★★★★★ 素晴らしい。文句なく五つ星です。何気ないテーマを良いキャストと練りに練った脚本と演出。笑いあり,ちょっぴり涙あり,日本人好みのテイストに仕上がっている。エンドロールで拍手した。作品全体に温かい血が流れている。原田芳雄さんの遺作であり必見。

『歓待』…★★ 正直期待していただけに残念感が強いので余計に辛口評価に。この作品のどこで笑えと?英語の字幕が出るので,それも追いつつ観たが全く笑えなかった。ブラックユーモア?そうとも言えんでしょう。とにかく工夫がない。正直全編退屈だった。これがウケる理由が不明。

『ブルーバレンタイン』…★★★ 過去と現在を交錯させ,ある夫婦の愛を巡る葛藤を描く作品。現在と過去の二人を描くことで,次第に明らかになる複雑に絡み合った二つの『愛情』。しかし,その結末は…。ハッピーエンドではない。それが良いと言う人もいるかも。が,僕には理解できない。

『生き残るための3つの取引』…★★ もっと面白いプロット,主人公二人の頭脳戦のような作風を期待してた。何もかもが中途半端。結局主人公の班長は何を守りたかったのか。何が欲しかったのか。翻訳が悪いのか,全く楽しめず。仮に日本人で同じ物語を作っても楽しめない。芯がないのだ。

『トランスフォーマー3』…★★★☆ 1と2は観てないけど,こういう作風だったんだなあ。戦隊シリーズのハリウッド超豪華版ってとこかな。2時間45分という長さを感じさせないくらい次から次へと凄い映像が流れてくる。この作品は3Dで観るべき。3Dを意識した画なので迫力満点!

『復讐捜査線』…★★ メル・ギブソン8年ぶりの主演作ということで観たが,正直この程度のアクションものはテレビでも観れるし,目新しいものも全く無し。正直退屈だった。メル・ギブソンも老いた?


『大鹿村騒動記』は平日にも関わらず,年配の方を中心に劇場がほぼ満席状態。1000円興業とは言え,素晴らしい。もちろんパンフも売切れ。今週から一日一回上映は本当にもったいない。こういう良質な作品を多くの観客に観てほしい。バルト11さんには申し訳ないけど,この作品,是非八丁座でかけてほしいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リーグ戦,対清水戦 4-0

前日練習のミニゲームで全く走れていない赤ビブス組(=スタメン組)を観て,正直清水戦は厳しい闘いになると考えていた。カズも相変わらずリベロで使われそうだし,ホームのこの試合でもし負けるようなことになると,2007年の悪夢の再来ということも考えなければいけないような状態だった。

しかし,結論から言うと,選手達は本番では走りに走った。スペースへのランニング,守備での厳しい寄せ等,勝てなくなってからは,昨日の試合は一番出来の良い試合になった。清水の前3人に迫力・決定力がなかったし,小野も疲れからか精彩を欠いていた。清水の中で良いなと思ったのは,ワンボランチを務めた村松で,要所に顔を出し,ボールに絡み,そしてシンプルに両サイドに展開していく様は,往年の森保を思い浮かべるようなプレーだった。まだ21歳。もっと良い選手に成長するという予感を漂わせていた。彼の名前は覚えておこうと思う。が,この日は何と言っても小野の不出来に助けられた。基本的にサンフはマンツーマンの守備はしない。相手のストロングポイントを潰していくような守備はしない。ノーガードの撃ち合いをやって,それで相手の得点を上回るのが今のサンフのスタイルだ。そういう意味では,昨日の清水はウチのツボにはまってしまった,と言ってよい。

この試合のポイントは,早い時間帯に先制して,この何試合かはすぐに失点していたのに,我慢強く失点せずに守り抜けたこと。そして,2点目を,オウンゴールという形は置いておいて,運良くゲットできたこと。そこにホームのサポの後押しがあって勝ちをぐっと引き寄せることができたことが大きい。

この試合の影のMVPはコウタだろう。何度も左からの素晴らしいクロスで決定機を演出した。そして堂々の90分フル出場。今季では最高のパフォーマンスを魅せてくれた。そして,洋次郎も要所でボールに絡み,多くの決定機を作った。昨日の清水の守備はシャドー二人に厳しく来なかったこともあり,スペースと時間のあるところでは,洋次郎もイージーミスを犯すようなことなく余裕を持ってプレーできた。そうなると,『洋次郎ワールド』が炸裂するわけだ。ゴールまであと一歩。試合毎の好不調の波を小さくして,昨日のようなプレーがコンスタントに出来るようになると相手にとっても脅威の存在になる。もう彼ももうすぐ25歳。去年のナビスコ杯のニューヒーロー賞受賞がフロックでないことを,これからのプレーで証明してほしいと願う。

4-0という今季で一番の快勝を存分に味わった。夏休みということもあり,小さい子供連れの家族客も多かった。チュンソンが言ったように,『サッカーって楽しいでしょ』と子供達に感じてもらうには最高のゲームとなった。

さあ,夏はまだこれからで,苦しい試合が続くが,次の甲府戦もなんとか勝利をもぎ取ってもらいたい。そして,ホームで,名古屋にリベンジを目指す。

アウェイ甲府戦,小瀬は,J1チームでは唯一行ったことがないスタジアム。もちろん遠征に行きます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »