« 2011年6月第4週の映画超簡略レビュー | Main | 2011年7月第5週の映画超簡略レビュー »

2011.07.31

リーグ戦,対清水戦 4-0

前日練習のミニゲームで全く走れていない赤ビブス組(=スタメン組)を観て,正直清水戦は厳しい闘いになると考えていた。カズも相変わらずリベロで使われそうだし,ホームのこの試合でもし負けるようなことになると,2007年の悪夢の再来ということも考えなければいけないような状態だった。

しかし,結論から言うと,選手達は本番では走りに走った。スペースへのランニング,守備での厳しい寄せ等,勝てなくなってからは,昨日の試合は一番出来の良い試合になった。清水の前3人に迫力・決定力がなかったし,小野も疲れからか精彩を欠いていた。清水の中で良いなと思ったのは,ワンボランチを務めた村松で,要所に顔を出し,ボールに絡み,そしてシンプルに両サイドに展開していく様は,往年の森保を思い浮かべるようなプレーだった。まだ21歳。もっと良い選手に成長するという予感を漂わせていた。彼の名前は覚えておこうと思う。が,この日は何と言っても小野の不出来に助けられた。基本的にサンフはマンツーマンの守備はしない。相手のストロングポイントを潰していくような守備はしない。ノーガードの撃ち合いをやって,それで相手の得点を上回るのが今のサンフのスタイルだ。そういう意味では,昨日の清水はウチのツボにはまってしまった,と言ってよい。

この試合のポイントは,早い時間帯に先制して,この何試合かはすぐに失点していたのに,我慢強く失点せずに守り抜けたこと。そして,2点目を,オウンゴールという形は置いておいて,運良くゲットできたこと。そこにホームのサポの後押しがあって勝ちをぐっと引き寄せることができたことが大きい。

この試合の影のMVPはコウタだろう。何度も左からの素晴らしいクロスで決定機を演出した。そして堂々の90分フル出場。今季では最高のパフォーマンスを魅せてくれた。そして,洋次郎も要所でボールに絡み,多くの決定機を作った。昨日の清水の守備はシャドー二人に厳しく来なかったこともあり,スペースと時間のあるところでは,洋次郎もイージーミスを犯すようなことなく余裕を持ってプレーできた。そうなると,『洋次郎ワールド』が炸裂するわけだ。ゴールまであと一歩。試合毎の好不調の波を小さくして,昨日のようなプレーがコンスタントに出来るようになると相手にとっても脅威の存在になる。もう彼ももうすぐ25歳。去年のナビスコ杯のニューヒーロー賞受賞がフロックでないことを,これからのプレーで証明してほしいと願う。

4-0という今季で一番の快勝を存分に味わった。夏休みということもあり,小さい子供連れの家族客も多かった。チュンソンが言ったように,『サッカーって楽しいでしょ』と子供達に感じてもらうには最高のゲームとなった。

さあ,夏はまだこれからで,苦しい試合が続くが,次の甲府戦もなんとか勝利をもぎ取ってもらいたい。そして,ホームで,名古屋にリベンジを目指す。

アウェイ甲府戦,小瀬は,J1チームでは唯一行ったことがないスタジアム。もちろん遠征に行きます!

|

« 2011年6月第4週の映画超簡略レビュー | Main | 2011年7月第5週の映画超簡略レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/52357972

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対清水戦 4-0:

« 2011年6月第4週の映画超簡略レビュー | Main | 2011年7月第5週の映画超簡略レビュー »