« 2011年10月第1週の映画超簡略レビュー | Main | 2011年11月第5週までの映画超簡略レビュー »

2011.10.19

2011年10月第2,3週の映画超簡略レビュー

では,久しぶりの映画超簡略レビュー,行きます!!


『夜明けの街で』…★
正直面白くなかった。不倫愛を描くのか,ミステリー路線なのか方向性が定まらず,観ていて退屈。これほど時計が気になった作品も珍しい。深キョンの演技はメリハリがなく痛い。ミステリー作品と考えて観る人は地雷を踏むのでオススメしない。総じて底が浅い作品。


『ツレがうつになりまして。』…★★★★
うつというとっつきにくい題材を掲げているが,実はピュアな素晴らしい夫婦愛を描いた感動作。堺雅人と宮崎あおいの二人の演技が素晴らしく,ぐいぐい惹き込まれる。笑いもあれば,最後は感動で涙。細部の作り込みも良く出来ていて文句無し。


『ヒマラヤ』…★★★ どうしても昨年観た『アイガー北壁』と比べてしまう。撮影技術もお金の掛け方も本作の方が上。だが,想像を絶する自然の脅威に対峙する人間の生の尊厳を描き切った感は『アイガー北壁』の方が上と感じた。しかし,登山映画史に残る作品であることは間違いない。

第2週目は日月でソロキャンプ&トレッキングに行ったので2週間で3本しか観れませんでした。しかし,『ツレうつ』は久々に映画館で涙した,素晴らしい夫婦愛を描いた感動作でした。ご夫婦やカップルで是非観ていただきたい作品。極めてオーソドックスな作品なので五つ星は付けてませんが超オススメです。


|

« 2011年10月第1週の映画超簡略レビュー | Main | 2011年11月第5週までの映画超簡略レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/53033442

Listed below are links to weblogs that reference 2011年10月第2,3週の映画超簡略レビュー:

« 2011年10月第1週の映画超簡略レビュー | Main | 2011年11月第5週までの映画超簡略レビュー »