« 2011年11月第5週までの映画超簡略レビュー | Main | 新監督は森保,ミシャは浦和へ »

2011.12.12

2011年12月第2週までの映画超簡略レビュー

いよいよ2011年もあと3週間を切りました。あと何本観れるのかな,などと思いつつ,いつもの簡略レビュー行きます。


『ゴーストライター』…★★★
サスペンス部分が今イチで普通の出来栄え。ラストもしっくり来ず,鑑賞感が薄いのがマイナス点。ほめる部分を探すのに苦労する。本当に平均点の出来の作品。何であんなに前評判が良かったんだろうと不思議に思うほど。


『50/50』…★★★
これも期待し過ぎたかも。普通の出来栄えで予定調和のラストで感動も薄い。リアリズムが薄いから?もっと主人公の心の葛藤を描かないとねえ。死を軽く扱い過ぎていてそこもマイナス点。これも前評判良いんだよねえ。不思議。


『ウィンターズ・ボーン』…★★★
前評判が高くてとても期待していたんだけど,その期待値に届かず普通の評価に。17歳の主人公がどこにも逃げ場がなく飛び込んだ大人の世界はとても閉鎖的で恐ろしい暴力的な世界だった…その残酷な世界の中で彼女は自分を失わず成長していくのだが…。


『猿の惑星:ジェネシス』…★★★★☆
オープニングから力技で観客をぐいぐいと引き込む脚本と演出が見事でそれがラストまでパワーダウンすることなく続いていく。真に快作。この作品をスクリーンで観ずしてどうする。VFXの技術はここまでも進化したのかと驚嘆。必見のオススメ作品。

『猿の惑星』はシネツイン新天地でかかったのを時間が合ったので観たのだが,これが想像以上に良い出来で驚いている。スクリーンで観れてよかった。久々にカタルシスを感じる作品に出会えた。あの傑作『キングコング』からわずか数年でのVFXの進歩に驚嘆している。この作品はガチでスクリーンで観ておくべきだ。

|

« 2011年11月第5週までの映画超簡略レビュー | Main | 新監督は森保,ミシャは浦和へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/53470059

Listed below are links to weblogs that reference 2011年12月第2週までの映画超簡略レビュー:

« 2011年11月第5週までの映画超簡略レビュー | Main | 新監督は森保,ミシャは浦和へ »