« 2011年12月第3週の映画超簡略レビュー | Main | 2011年の超自分的映画ベスト10! »

2011.12.31

2011年12月第4,5週の映画超簡略レビュー

『ニューイヤーズ・イブ』…★★★
これだけの俳優を集めておきながらこの出来なのか…残念でたまらない。自分的には大好きなミシェル・ファイファーが久しぶりにメジャーな作品に出るということで楽しみにしていたのだが…この扱いではミシェルがかわいそうだよ。全編捻りが足りない。


『ワイルド7』…★★★☆
もっとダメ映画かと思って観たら,意外とイケた。子供の頃,年上の従兄が持ってたコミックを読んでたけど,ストーリーを全く思い出せず,原作との整合性は取れてないが,これならシリーズ化(というか連ドラ化)しても良いかも。この作品の深キョンは痛くない。


『私だけのハッピー・エンディング』…★★★☆
途中まで,なんじゃこりゃって感じで観てたのだが,ラストでしっかりと泣かせてもらい,☆ひとつ進呈。最後で泣けたってことはそれまでの作りが丁寧だったということかな。主人公が死と向き合う中で周りの人達と和解していく過程が見所か。


『ラビット・ホール』…★★★
重い題材をギリギリのさじ加減で料理している。大切な息子を亡くした夫婦の再生の物語。ニコール・キッドマンは女優として着実にキャリアを積んでいる。今作では初プロデュース作とか。ラストシーンが印象的で,とても良い終わり方だと感じた。


『宇宙人ポール』…★★★☆
単純に面白かった。だけど,字幕の翻訳が今イチで,英語が分かればもっと笑えたかもしれない。しかし,今のVFXの技術はスゴイなあ。こんな作品まで作っちゃうんだから。サロンシネマでは上映前にロビーから人が溢れ,階段まで行列ができていた。観るべし。


『聯合艦隊司令長官 山本五十六』…★★★
有名俳優・女優総出演だけが魅せる作品。この物語で語られる山本五十六には人間的な魅力や奥の深さが感じられないと思った。ごめんなさい。これ以上,上手いコメントが出て来ない。戦争を知る世代にも観ていただきたいとは思わない。

明日たぶん1本くらい観て,それが今年ラストの作品になると思います。そして,次は2011年の映画を自分的ベスト10で振り返りたいと思います。

|

« 2011年12月第3週の映画超簡略レビュー | Main | 2011年の超自分的映画ベスト10! »

Comments

Hi there i am kavin, its my first occasion to commenting anywhere, when i read this piece of writing i thought i could also make comment due to this sensible piece of writing.

Posted by: http://muaythai-training.com.au/2017/05/training-in-the-form-of-mma-pro-fighter/ | 2017.06.19 at 01:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/53610864

Listed below are links to weblogs that reference 2011年12月第4,5週の映画超簡略レビュー:

« 2011年12月第3週の映画超簡略レビュー | Main | 2011年の超自分的映画ベスト10! »