« 2011年12月第4,5週の映画超簡略レビュー | Main | 2012年1月の映画超簡略レビュー »

2012.01.01

2011年の超自分的映画ベスト10!

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
サンフのことは来週末あたり,チュンソンの件が決まってから書きたいと思います。なので,今年一発目は2011年の映画から超自分的にセレクトした年間ベスト10を発表したいと思います。

第1位『大鹿村騒動記』…観れた人少ないだろうなあ。笑いあり,涙ありの素晴らしい作品です。未見の方は是非!

第2位『キック・アス』…上半期第1位のこの作品が僅差の第2位に。PART2も製作中とのこと。これも必見!

第3位『監督失格』…この作品は反則技を使っているのだけど,その衝撃度は★五つで文句無し。

第4位『ツレがうつになりまして。』…堺雅人と宮崎あおいが演じる,お互いを支え合う夫婦愛に涙あり笑いあり。

第5位『恋とニュースの作り方』…誰がなんと言おうと今年一番笑えたラブコメだから。

第6位『奇跡』…少年が大人への階段を一歩上がる瞬間を見事に描いた快作。

第7位『猿の惑星 ジェネシス』…VFXの進化を実感。人間の愚かさを痛烈に描いた作品。

第8位『100歳の少年と12通の手紙』…これには泣けました。文句無しの佳作です。

第9位『東京公園』…優しい温かさを感じる作品。榮倉奈々が好演。

第10位『阪急電車』…群像劇だけど,作りが丁寧で上手い。宮本信子が最後を締める。


次点:『127時間』,『ヒアアフター』,『抱擁のかけら』,『一枚のハガキ』,『マネーボール』,『はやぶさ』,『ミッション・インポッシブル:ゴーストプロトコル』,『リアルスティール』,『あしたのジョー』。


2011年は上半期に観た作品に良い作品が多かったですね。ラブストーリーでこれ!っていう作品がなくて少し残念です。
今年の目標は超簡略レビューだけじゃなくて,昔みたいに一本一本掘り下げてレビューをしっかり書けていければな,と。★四つ以上の評価の作品はそうしていこうと思います。初心に立ち返って,twitterではなく,このブログを主戦場にしていくことが今年,2012年の目標ですね。頑張ります!!


|

« 2011年12月第4,5週の映画超簡略レビュー | Main | 2012年1月の映画超簡略レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/53623126

Listed below are links to weblogs that reference 2011年の超自分的映画ベスト10!:

« 2011年12月第4,5週の映画超簡略レビュー | Main | 2012年1月の映画超簡略レビュー »