2012.01.01

2011年の超自分的映画ベスト10!

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
サンフのことは来週末あたり,チュンソンの件が決まってから書きたいと思います。なので,今年一発目は2011年の映画から超自分的にセレクトした年間ベスト10を発表したいと思います。

第1位『大鹿村騒動記』…観れた人少ないだろうなあ。笑いあり,涙ありの素晴らしい作品です。未見の方は是非!

第2位『キック・アス』…上半期第1位のこの作品が僅差の第2位に。PART2も製作中とのこと。これも必見!

第3位『監督失格』…この作品は反則技を使っているのだけど,その衝撃度は★五つで文句無し。

第4位『ツレがうつになりまして。』…堺雅人と宮崎あおいが演じる,お互いを支え合う夫婦愛に涙あり笑いあり。

第5位『恋とニュースの作り方』…誰がなんと言おうと今年一番笑えたラブコメだから。

第6位『奇跡』…少年が大人への階段を一歩上がる瞬間を見事に描いた快作。

第7位『猿の惑星 ジェネシス』…VFXの進化を実感。人間の愚かさを痛烈に描いた作品。

第8位『100歳の少年と12通の手紙』…これには泣けました。文句無しの佳作です。

第9位『東京公園』…優しい温かさを感じる作品。榮倉奈々が好演。

第10位『阪急電車』…群像劇だけど,作りが丁寧で上手い。宮本信子が最後を締める。


次点:『127時間』,『ヒアアフター』,『抱擁のかけら』,『一枚のハガキ』,『マネーボール』,『はやぶさ』,『ミッション・インポッシブル:ゴーストプロトコル』,『リアルスティール』,『あしたのジョー』。


2011年は上半期に観た作品に良い作品が多かったですね。ラブストーリーでこれ!っていう作品がなくて少し残念です。
今年の目標は超簡略レビューだけじゃなくて,昔みたいに一本一本掘り下げてレビューをしっかり書けていければな,と。★四つ以上の評価の作品はそうしていこうと思います。初心に立ち返って,twitterではなく,このブログを主戦場にしていくことが今年,2012年の目標ですね。頑張ります!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.31

2011年12月第4,5週の映画超簡略レビュー

『ニューイヤーズ・イブ』…★★★
これだけの俳優を集めておきながらこの出来なのか…残念でたまらない。自分的には大好きなミシェル・ファイファーが久しぶりにメジャーな作品に出るということで楽しみにしていたのだが…この扱いではミシェルがかわいそうだよ。全編捻りが足りない。


『ワイルド7』…★★★☆
もっとダメ映画かと思って観たら,意外とイケた。子供の頃,年上の従兄が持ってたコミックを読んでたけど,ストーリーを全く思い出せず,原作との整合性は取れてないが,これならシリーズ化(というか連ドラ化)しても良いかも。この作品の深キョンは痛くない。


『私だけのハッピー・エンディング』…★★★☆
途中まで,なんじゃこりゃって感じで観てたのだが,ラストでしっかりと泣かせてもらい,☆ひとつ進呈。最後で泣けたってことはそれまでの作りが丁寧だったということかな。主人公が死と向き合う中で周りの人達と和解していく過程が見所か。


『ラビット・ホール』…★★★
重い題材をギリギリのさじ加減で料理している。大切な息子を亡くした夫婦の再生の物語。ニコール・キッドマンは女優として着実にキャリアを積んでいる。今作では初プロデュース作とか。ラストシーンが印象的で,とても良い終わり方だと感じた。


『宇宙人ポール』…★★★☆
単純に面白かった。だけど,字幕の翻訳が今イチで,英語が分かればもっと笑えたかもしれない。しかし,今のVFXの技術はスゴイなあ。こんな作品まで作っちゃうんだから。サロンシネマでは上映前にロビーから人が溢れ,階段まで行列ができていた。観るべし。


『聯合艦隊司令長官 山本五十六』…★★★
有名俳優・女優総出演だけが魅せる作品。この物語で語られる山本五十六には人間的な魅力や奥の深さが感じられないと思った。ごめんなさい。これ以上,上手いコメントが出て来ない。戦争を知る世代にも観ていただきたいとは思わない。

明日たぶん1本くらい観て,それが今年ラストの作品になると思います。そして,次は2011年の映画を自分的ベスト10で振り返りたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.19

2011年12月第3週の映画超簡略レビュー

先週は土日に,広島ユースの高円宮杯U-18チャンピオンシップに埼玉スタジアムへ遠征した関係で,映画は2本しか観れなかったけど,2本とも『アタリ』でした。とりあえず超簡略レビュー行きます。映画の方も昔みたいに腰据えてじっくり書きたいなあと思いますが…。しばらくはこれでご勘弁を…。


『リアルスチール』…★★★★☆
この映画観てラストは泣きましたわ。予告編の時は,こんな映画は観ん,と考えていたけど,ただのロボットボクシングの映画じゃなくて,親子の絆をきちんと描いているからラストで泣けるんだよ。ダメ親父が子供の一途な想いに変わっていく過程がいいよなあ。


『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』…★★★★☆
シリーズ最高傑作間違いなし。2時間超があっと言う間に終わった。スゴイ仕掛けが次々に出てきて全く飽きさせない。アクションものとしては超一級。CGだけじゃなく,トム自身がスゴイアクションやってるからだな。


トム・クルーズ,49歳(だったっけ?)にしてスタント無しの過激なアクションにこれでもか!と挑戦。それとVFX技術がいい感じにマッチして極上のアクション作品に仕上がってます。これは必見です。

『リアルスティール』は本当に子役のコが素晴らしくて…。ラストは涙ぐむだけではおさまらず,涙流して観てましたもん。予告編でバカにしてたこと,全面的に謝ります。ごめんなさい。本当に良作なのでたくさんの人に観てほしいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.12

2011年12月第2週までの映画超簡略レビュー

いよいよ2011年もあと3週間を切りました。あと何本観れるのかな,などと思いつつ,いつもの簡略レビュー行きます。


『ゴーストライター』…★★★
サスペンス部分が今イチで普通の出来栄え。ラストもしっくり来ず,鑑賞感が薄いのがマイナス点。ほめる部分を探すのに苦労する。本当に平均点の出来の作品。何であんなに前評判が良かったんだろうと不思議に思うほど。


『50/50』…★★★
これも期待し過ぎたかも。普通の出来栄えで予定調和のラストで感動も薄い。リアリズムが薄いから?もっと主人公の心の葛藤を描かないとねえ。死を軽く扱い過ぎていてそこもマイナス点。これも前評判良いんだよねえ。不思議。


『ウィンターズ・ボーン』…★★★
前評判が高くてとても期待していたんだけど,その期待値に届かず普通の評価に。17歳の主人公がどこにも逃げ場がなく飛び込んだ大人の世界はとても閉鎖的で恐ろしい暴力的な世界だった…その残酷な世界の中で彼女は自分を失わず成長していくのだが…。


『猿の惑星:ジェネシス』…★★★★☆
オープニングから力技で観客をぐいぐいと引き込む脚本と演出が見事でそれがラストまでパワーダウンすることなく続いていく。真に快作。この作品をスクリーンで観ずしてどうする。VFXの技術はここまでも進化したのかと驚嘆。必見のオススメ作品。

『猿の惑星』はシネツイン新天地でかかったのを時間が合ったので観たのだが,これが想像以上に良い出来で驚いている。スクリーンで観れてよかった。久々にカタルシスを感じる作品に出会えた。あの傑作『キングコング』からわずか数年でのVFXの進歩に驚嘆している。この作品はガチでスクリーンで観ておくべきだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.11.30

2011年11月第5週までの映画超簡略レビュー

1ケ月以上も書けてませんでした。では,超簡略レビュー行きます。

『カウボーイ&エイリアン』…★★
プロット自体にあまり魅力なし。正直あまり面白くなかった。せっかく味のある主役二人揃えながら,その魅力を引き出せてない。特にハリソン・フォードの使い方がもったいなかった。エイリアンが出てくるのにハラハラドキドキしないのもどうかと。残念。


『電人ザボーガー』…★★★
もっと痛快な作風を期待していたが,いたって普通の出来。特に熟年期を描いた第2部はもっとハジけても良かったのかと。意外と有名俳優さんが真面目に演技しているのには驚いた。でもヒーローモノは真面目に作り過ぎてもイカンのかなと。遊び心がもう少し…。


『フェア・ゲーム』…★★★
もっと知性と勇気を振り絞って権力と闘う夫婦のお話と想像していたのだが,サスペンス色は思ったほどではなくマイルド。ナオミ・ワッツとショーン・ペンの二人の演技が見どころだがそれだけではやはり満足感は乏しい。実話なだけに変に脚色して描けなかった?


『ミケランジェロの暗号』…★★★
途中でオチが分かってしまった。幼馴染が敵味方 に分かれて攻守入れ替わりながら闘うのだが,少し緊迫感が足りなかった印象。ただ途中で退屈はしなかったのでそれなりには面白かったかも。でも,邦題の割にはミステリー色が乏しいので,そこは要注意。


『Xメン ファーストジェネレーション』…★★★★
DL鑑賞。単純に面白かった。こういう続編の作り方もあるんだなと感心しきり。映画館で観たかった。XメンシリーズはⅢだったかの1作しか観ていないのだが,前作も観てみたいと思うほどのしっかりした出来栄え。レンタルにオススメ。


『ミッション:8ミニッツ』…★★★★
痛快!面白かった。タイムトラベル?モノではあの快作『バタフライ・エフェクト』以来に楽しめた作品になったのではないか。ラストに救いがあるのも良い。全体的に作りがチープな感じも逆に味があってまた良し。こういうプロット重視の作風大好き。


『アントキノイノチ』…★★★☆
さだまさし原作にハズレ無しと考えていたのだが…。本当にラスト15分が惜しい。あの纏め方が上手かったらもっと感情移入できたのに…。岡田将生は難役を見事にこなしていたが,榮倉奈々の役は誰がやっても本当に難しいと感じた。二人がアンバランスで。


『カンパニー・メン』…★★★
突然リストラを宣告された3人の男達の生き様は三者三様。しかし,ベン・アフレック演じる主人公は現実を見つめられず,人間的成長をなかなか果たせない。結局,ある転機があって丸く収まるのだが,そこの描き方が中途半端。結局成長できたのかが不明瞭。


『コンテイジョン』…★★★
世界を襲う謎の疫病。それを食い止めようとする人々をあざ笑うかのようにその疫病は世界に蔓延していく。ワクチンを求める人々は暴徒と化し街では犯罪と略奪が横行する。その様は真に世紀末。一方で信念を貫き,世界を救おうとする一握りの人々の行動が見所。


『マネーボール』…★★★★
貧乏球団を独自の理論で世界一にさせるべく,既存の概念と闘うGMをブラピが好演。信念と現実の狭間で揺れ動く心情を深く深く観る者の心に焼き付ける。主人公の心の葛藤を丹念に描きで深い味わいを持たせることに成功。オーソドックスだが,真に王道の作り。


『マネーボール』は観応えがありました。これくらいの作品なら1,800円払っても惜しくない!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.10.03

2011年10月第1週の映画超簡略レビュー

さて,先週の映画の超簡略レビュー,行きます!


『親愛なるきみへ』…★★★☆
携帯電話もメールもない時代は誰もが経験したもどかしい手紙のやりとりが紡ぐ今にも切れそうな細い恋愛の糸の行く末は…。甘いラブストーリーを想像していたら,運命は厳しく残酷にも現実的で,それを見せられた上で余韻のあるほろ苦いラストが胸にしみる。


『はやぶさ』…★★★★☆
相当面白かった。これなら大人も子供も楽しめる。やはり事実に裏打ちされた事象を味のある役者達が演じるのだから見事なドラマになっている。宇宙を旅するはやぶさのCGの使い方も上手く,隙がない。長い尺を竹内結子の魅力で絶妙のさじ加減で引っ張る上手さ。


『監督失格』…★★★★★
ドキュメンタリーだと思って観ていたが,もはやそんなジャンルの枠を飛び越えて一本の作品が最愛の人への極上のラブレターに昇華している。いや,奇跡的ではなく,作為的に作り込んでいる。それくらい構成が上手く絶妙だ。映画の面白さを存分に味わえる。必見。


『ドッグポリス』…★★★★
予想以上に面白かった。それは,主人公と相棒の警備犬=シロとの信頼関係がしっかりと描かれていたから。ご都合主義的な大雑把な作りではあるが,娯楽作品として観れば楽しめる。やはり戸田恵梨香が素晴らしい存在感を魅せる。市原隼人も負けていない熱血漢。

『監督失格』は,衝撃的ながら素晴らしい出来栄えの1本。低予算でも,映画ができること,面白さを存分に味わえる。偏見を捨てて,是非観ていただきたい作品。こんな作品がシネコンでかかることはおそらくもうないのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.26

2011年9月第4週の映画超簡略レビュー

では,先週の超簡略レビュー行きましょう!


『モテキ』…★★★
ドラマは未見。女優四人からモテまくる主人公の話かと思ったら…がっかり。楽しかったのはPerfumeと森山くんとのダンスシーンまで。あとは尻すぼみ。ラストはちと理解し難い。セカチュー大好きの僕には森山くんと長澤まさみがあんなふうには絡んでほしくない。


『世界侵略 ロサンゼルス決戦』…★★★☆
画は凄い迫力ある。こういう実写を3Dで観てみたいと感じた。ひたすらハンディカメラの揺れる画で感性をブラせながら,迫力で2時間引っ張る,みたいな作品。だから観てて飽きないのかも。あとはもうひと捻りある脚本だったら…。観て損無し。


『スリーデイズ』…★★★
古典的構成のサスペンス作品。尺が2時間で収まればもう★ひとつ増えたかも。少し長かった。結構予想外に楽しめたのは確かだし,その古典性が安心感に繋がっているためか,観ていて飽きない。目新しさはないが,この作品を選んでもそこそこ楽しめるのは確か。


『グリーンランタン』…★★☆ 字幕3Dで観たのだけれど,これなら2Dでいいや,くらいの出来栄え。途中で3Dで観てることを忘れてたほど。正直観ていて少し退屈だった。これならトランスフォーマーの方が面白い。この程度の作品で続編ができたらビックリだな。たぶん観にいかない。

先週は福岡戦遠征に行ったため,3連休でも4本観るのが精いっぱいでした。『モテキ』には期待してた分,ちょっとがっかり…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.19

2011年9月第3週の映画超簡略レビュー

さて,いつものとおり超簡略レビュー,行きます。


『アジョシ』…★★★
どこかで観たプロットだと思ったら『韓国版レオン』だった。泣ける作品という前宣伝に反してアクション中心の作品だったので,ちょっと肩透かし食らった感じ。ウォンビンはアクションも含めなかなか頑張っていた。観応えのある作品であることは確かなので損はない。


『サンクタム』…★★★
この作品には五つ星くらいの期待をしていた。J・キャメロン監督の撮る実写3D作品ということで,従来の実写3Dとは違う何かを期待していたのだが,そこは期待には及ばず。。映像美術と撮影技術には凄いものがあるが,いかんせんプロット自体に魅力無が乏しい。


『アンフェア the answer』…★★★
劇場版の前作は観てないのだが,この作品単品で観るとこの評価。最後の黒幕が誰かもビンゴしたので,意外感も希薄だったのもプラス評価に繋がらなかった。もっと伏線張ってラストに持ち込めよ,って感じで…。雪平ってこんな弱キャラなの?


『未来を生きる君たちへ』…★★★☆
デンマークとアフリカ,子供と大人。その全く異なる世界に根を張る暴力の根源とは…。異なる視点から,人間に潜む狂気の性をあぶりだす問題作。特に普通の子供が暴力に目覚めていく過程の描写は冷たくも恐ろしい。この脚本は素晴らしい出来栄え。


『プッチーニの愛人』…☆
この超簡略レビューを始めて,初めての★一つにも満たない辛口評価。これは観るのがしんどい。全編台詞がほとんどなく,おそらくプッチーニの音楽がバックで流れて進んで行く。プッチーニに纏わるこの史実に興味のない人には難解な作品。典型的ダメ作品と評す。


『水曜日のエミリア』…★★★
絶好調のナタリー・ポートマンを主役に配し,正攻法のドラマ仕立ての作品。派手さはないが,ナタリー・ポートマンがその演技力で魅せる。彼女オンリーで,商業映画一本ができるとは昔は考えてもみなかった。過度な演出もなく,万人に受け入れられる作り。

この3連休は6本を鑑賞。『サンクタム』が予想に及ばない出来栄えだったのは残念だ。それでも及第点なのだが…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.12

2011年9月第2週までの映画超簡略レビュー

いつもの様に,超簡略レビュー行きます。


『愛の勝利を』…★★☆
う~ん,人生を賭して一人の男性を激しく愛し続ける哀しい女性を描いた物語なのだが,そこまで信念の愛を貫いたことに対して全く救いがない。例えそれが史実だとしてもここまで救いがないと主人公イーダに対してはひたすら『可哀そう』という言葉しか浮かばない。


『BIUTIFUL』…★★★☆
2時間28分,徹底的に一人の男の生き様を描き上げた深い味わいのある作品。末期癌で余命2ケ月と宣告された男。二人の子供達への思いが切ない。絶望の淵へと叩き込まれる衝撃の事件が容赦なく死期の近づいた彼を襲う。死に向き合う彼の心理描写が深い。


『神様のカルテ』…★★★
手堅い作りの作品だが,ややテンポが悪かったかと。脇の俳優さん達が素晴らしいので,どうしても主演の櫻井くんが頑張ってるんだがもう一歩と感じてしまう。彼がドクターに見えないところがこの作品の唯一最大の欠点か。いい話なんだけどなあ。今一歩か。


『SUPER』…★☆
『キック・アス』のような痛快ダメダメヒーローものを期待していたのだが,ただただグロくて,グロ過ぎて笑えない。出てる役者は何気に豪華なのだが…。僕は苦手な作風だった。他にコメント無し。


『東京公園』…★★★★☆
2回目の鑑賞。良く考えてカット割りとかカメラのアングルとか考えられていることに気付く。☆ひとつ評価が上がった。こういうふんわりとした映画があってもいいかな。この作品での榮倉奈々の放つオーラは最強ですわ。


『日輪の遺産』…★★★☆
派手さはないが,良い役者を揃え,観応えのある演技を魅せてくれた。ラストには賛否あると思うが,900億円の黄金よりも,本当の日輪の遺産となるべきだったのは,あの少女達ではなかったか。大感動とまでは言わないが,良い作品を観たとの満足感あり。


『探偵はBARにいる』…★★★★
邦画らしくないハードボイルドの味わいのある探偵モノ。大泉洋と松田龍平のコンビは最高に楽しい。最初から依頼人が誰かが分かってしまう推理プロットにやや難があるが,これでいいのではないだろうか。原作はシリーズモノらしいので是非続編が観たい。


2回目を観た『東京公園』のふんわりとした雰囲気の良さが心地よかったですね。あと『探偵はBARにいる』はなかなかあなどれない面白さです。退屈はしませんので,是非!

この土日は,C大阪戦に遠征してきましたが…。とてもレビューを書けるような気分ではなく…。僕の生観戦史上,最も屈辱的な敗戦のひとつになりました…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.08.21

2011年8月第2,3週の映画超簡略レビュー

久しぶりに映画の超簡略レビュー,行きます。


『ツーリスト』…★★
レンタルDLで観賞。途中でオチが分かってしまうという致命的な脚本の詰めの甘さが、アンジーとジョニデの豪華共演を大幅にスポイル。プロット自体に魅力がないよなあ。ジョニデがよくこの役、作品を受けたなと思う。デートムービーとしてみても志向が中途半端。

『アリス・クリードの失踪』…★★★★
最終日の最終上映で観れて超ラッキー。シンプルな作りながら,凝ったプロットとカメラ使いで魅せる最上級のクライムサスペンス。最初のシーンからラストまで『おおっ,そう来るかあ』と唸りつつどんどん物語に惹きこまれていく疾走感が素晴らしい。

『うさぎドロップ』…★★★☆
ほのぼのとする作品。芦田愛菜ちゃんが抜群に良い。松ケンもぽっちゃり太っているが,芯の強い父に必死になろうと努力する姿を好演。原作は未読だが,二人が完全な親子関係にならないところがこの物語のツボなんだろうな。中高年の方が多く来ていた。

『一枚のハガキ』…★★★★ 新藤兼人監督に敬意を表したい。まだまだ現役バリバリの監督の仕事ぶりだ。そこには、『老い』を言い訳にした甘え等一切ない。戦争を描きながら、それは間接的であり、二人の男女の、まるで生の舞台を彷彿とさせるような迫真の演技。一服のユーモアも。本当に素晴らしい。

『ツリー・オブ・ライフ』…★★
実は先週末に観に行って,4分の3もがっつり寝てしまったので,評価不能ということで,今週リベンジに行った。先週は寝てしまったが,今週はばっちり全部観た。正直,日本人には退屈極まりない作品だと思う。西欧の宗教絵画を観ても日本人には理解し難いのと同じだ。作風は神秘的で崇高。音楽は素晴らしい。画が抽象的でそれが理解を困難にしている。これは全国ロードショー展開するような作品ではない。映画好きの人がミニシアター系でまったりと観る作品だ。


ということで,『ツリー・オブ・ライフ』をデートムービーに使おうとしてる方は止めた方が良いです。ものすごく難解で,観た後に,気軽に食事でも,って雰囲気を作る作品でもありません。現に今日僕の隣にカップルがいましたが,終了後は微妙な雰囲気でしたもん。変な色気は捨てて,一人で観に行きましょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧